2014年8月7日木曜日

「盆踊り」に想うこと

「民衆のもっとも原初的な、そして、もっとも純粋な歓びの表現はTanz(タンツ・踊り)である」。

ニーチェの言葉だ。

郡山では「うねめ祭り」という夏祭りが始まる。夜は「踊り流し」。浴衣姿の人
達が通行止めになった大通りをうねめ音頭に合わせて踊る。郡山の“伝統芸能”、
ひょっとこ踊りもある。
大方は企業や団体の踊り手だが・・・。


盆踊りの季節だ。全国のあちこちで盆踊りが行われている。
原発避難者もそれぞれの仮設の広場で、櫓を囲んで踊っていた。汗を厭うこと
もせず、嬉しそうに。

またも昔話だ。

まだ敗戦の翳が色濃く残っているころ、東京の初台町会でも盆踊りをやってい
た。空襲を免れ、残った屋敷がある。その屋敷の敷地内。門から玄関までのか
なり壮大な広場。そこが会場だった。

やがて家の裏にあった小さな“お稲荷公園”が会場になる。

櫓の上から聞こえてくるのは太鼓と笛。そして踊りの曲は「東京音頭」。

♪は~、踊り踊るならちょっと東京音頭。ヨイヨイ。花の都の、花の都の真ん中で、それ、や~とな~それイヨイヨイ、や~となあそれヨイヨイよい♪

//押して、押して、また押して。かついで、かついで後戻り。押して、押して、開いてちょちょんがちょん//

今でも覚えている音頭と踊りの振り、踊り方。踊ったわけではないけれど。

どこで入手したのか。まだあの頃。近所のおばさんたちが大勢集まってきて、
オジサンもまざっていたか。皆、嬉々として踊っていた。とにかく皆、疲れて
いたはず。食糧だって存分ではなかったはず。日頃の労苦を吹き飛ばすように、
嬉々として踊っていた。とにかく“戦争”の恐怖は無くなったのだ。
母親も交ざっていたような気がする。

子どもはと言えば、盆踊りに合わせて出る縁日の屋台。お目当ては。

金魚すくい。綿あめ。射的。かき氷。ヨーヨー釣りってのもあったか。


高校、大学か。冒頭のニーチェの言葉に出会った時に、この時の盆踊りの光景が重なった。

郡山の夏の“風物詩”に「ビール祭り」と言うイベントがある。7月の下旬、数日間で数万人。開成山公園にでかいテントが設置され、櫓ならぬステージが組まれ。国内最大規模の野外ビヤホールだとか。

あの年、2011年。ビール祭りは開催された。会場には郡山に避難してきている人、仮設の人が招待されていた。何人かの顔見知りとも出会った。

やがてステージの音楽が生バンドが激しいラテンのリズムの演奏になった。ステージ前のちょっとした空間。数人の人が踊り出した。みるみるその輪は広がっていく。仮設に居る人たちが圧倒的に多い。

まさに「踊り狂って」いた。忘我の境のように。中には泣きながら踊っている人もいた。涙が伝染していっていた。皆、泣きながら踊っていた。飛び跳ねていた。輪になって走りまわっていた。

そして、やがて皆笑っていた。笑顔が満ち溢れていた。

束の間の解放感だったのか、何かを発散させたかったのか。踊り狂う彼ら、彼女らの姿にこっちが慰められていたような・・・。

この時、また、あのニーチェの言葉が脳裏に湧き出していた。

被災した各地で、夏祭りがある。大人も子供も、ひと時の祭りを楽しむ。
踊れ!。歌え!。舞え!。

なによりもいいのだ。原初的になることが。素になることが、感情をからだで表現することが。

盆踊りか・・・。夏祭りか・・・。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、

わが町の盆踊り大会、揃いの浴衣で腰に団扇を挟んで踊るおばさん達。隣接する町内会からも繰り出した踊り手連も集まって踊り続けること3時間。提灯の灯りに照らされたおばさん達の幸せそうな顔々、手ぶり、足の運びも若々しく・・・。平和とは有り難いものとしみじみと感じた。日本の夏の伝統。
接待係の僕は「お疲れさま」とビールをお酌して歩いたりして・・・。
イクボンは大きなヨーヨーを釣ってきて焼き鳥を食べながら楽しんでいた。
心地よい疲れの一夜でした。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

tacoさま

やはりちょっと”おしゃれ”して踊るってたのしんだろうね。こんな簡素で身近な平和を維持しないと。平和っていうのは盆踊りが出来る光景っていうことかな。
こっちの町内じゃ無いけどね。盆踊り。
接待係、ご苦労様でした。
良い夏だね。