2015年6月27日土曜日

自民党よ、どこまで墜ちるのか


自民党内の“チンピラ”代議士が、党内の会合で言った。

気に食わない民放の番組がある、広告主に言って提供をやめさせろ。
知った風なことを言うぜ。

もう、この類の安倍をはじめとした無知蒙昧な奴らのことにいちいちかまってはいられないのだが。
沖縄の地方紙二紙を潰せと言った「百田発言」も合わせて、まさにこれは自民党の劣化の象徴だと思うから言っておく。

「お前らバカかよ」と。

民放の広告、それは放送局と直接交わされる契約では無い。間に広告代理店が入っている。
彼らの念頭にある民放の番組。大方はどれを指しているのか想像がつく。

TBSとテレビ朝日の報道ステーションなのだろう。
報道ステーションは電通一社が買い切っている。広告主は電通の“選別”に任されている。ローカル差し替えの部分を除いては。

電通はすでにして局に“圧力”をかけているはずだ。それは参与としている怪僧ラスプーチンのような奴の差配で。

NHKはすでにして、百田、籾井ラインで報道を骨抜きにした。かろうじて頑張っている番組はあっても、夜7時、9時のニュースは完全に政府広報だ。
民放だって多少の意識はしている。“自粛傾向”は顕著だ。

それは出来るはずの無いことだが、菅が電波法をちらつかせ、免許更新しないと言ってからというものの在り様。

百田発言こそ許せない。沖縄に対する認識がまったく間違っている。いや、間違っているというより沖縄県民の尊厳を無視している。
なぜ、沖縄の県紙二紙が安倍政権を批判しつづけるのか。
県民の意思を代弁しているからだ。

民放労連と新聞労連は抗議の声明を出した。民放連、新聞協会は沈黙の中にいる。当然だ。多くの経営者がすでに安倍に「毒饅頭」を食わされているからだ。

首相になるちょっと前、田中角栄は言った。朝か夜の目白での懇談の席で。
「君たちはなにかというと我々を批判する。どんどんやれ。それが君たちの商売なんだから。仕事なんだから。だから、我々はそれに負けない政治をやる。それが商売であり、仕事なんだから。両方があって世の中はうまく行くんだ」。

この角栄の言葉を今の自民党の政治家たちに贈りたい。まして、田中派の系譜につながる議員たちに。

昨夜の朝まで生テレビを自公の議員は「ドタキャン」した。その日の事が話題になるのは必定。それに対応する思考も言葉も持っていないからだろう。

逃げたのだ。

安倍も国会で言う。「報道については知りません」と。委員長がその事実があったと言うと、なにやら当たり障りの無い答弁。ポツダム宣言をつまびらかにしないに続いての知らぬ存ぜぬ答えらぬの「逃げの政治」。

自民党は会を主催した青年局長を更迭するとか。それは責任を取らせるものでは無い。国会審議に影響が出るのを恐れたための小手先細工だ。

なんかすべてが「安倍官邸が書いた筋書通り」に見える。

自民党は堕落する一方だ。

しかし、そんな議員を、まさに「アベチルドレン」の如き議員を誕生させたのは選挙民だ。
そして何があろうとも絶対的安倍信者という人たちもゴロゴロいる。

気に食わないものは叩き潰せ。これが安倍の信条であり、本音なのだ。と拝察申し上げる。気に食わない奴は仲間外れにすると言うあの最悪のガキ大将思考。

そんな「次元」で捉えるのが一番わかりやすいのでは。

百田の暴言は沖縄県民を侮辱するものもある。とてもじゃないが見過ごすわけにはいかない。彼の発言はエスカレートしている。ほんとは潰れて欲しいのは朝日、毎日、東京新聞だと。

名指しされた各紙、脅された民放。ひるむなよ。こんなチンピラどもに。裏で安倍官邸がどんな糸を引いていようとも。

そして、大西英男の選挙区、東京16区。井上貴博の福岡1区、長尾敬衆の比例近畿ブロック。そこの選挙民はどう受け止めているのだろうか。落とすしかないと思うけど。

もはや言論の自由とか民主主義がどうだとか言う以前の問題。

またも嫌な週末を迎えていると言うこと。

0 件のコメント: