2011年2月9日水曜日

無駄、無意味

事務所に来るとポストからはみ出しているチラシの数々。寿司屋かピザ屋から始まって・・・。必要な郵便物が埋没している。
殆ど見ないでゴミ箱へ。すぐに一杯になるゴミ箱。

新聞の折り込み。以前よりは減ったようなものの、不動産物件物や家電量販店の物など。絶対買わないもののチラシ。そしてスーパーのなんとかデー。

切ってメモ代わりにしようにも両面印刷。紙が良すぎて便所紙にもならない(笑)。

読まれないチラシや哀れ。

聞くところによると資源回収でもチラシの類は困るとか。新聞紙なら古紙回収、リサイクルってことらしいけど。

燃えるゴミの袋の中へ。かくてゴミが増える。生ゴミではなく紙ゴミが。

大いなる無駄、資源の無駄。
そして無意味とさえ思える広告手法。寿司の出前はとらないよ。ピザの出前もとらないよ(爆)。

紙資源の無駄遣い。燃やされるゴミ。一枚5円で半ば強制的に売られる買い物袋、レジ袋。駅中食品館ピボット。エコの名の下に。紙と石油精製品では出る一酸化炭素の量が違うってことなのか。レジ袋、買い物袋は再利用可能。チラシは無理。鼻もかめない、尻も拭けない。

無駄排除と無駄横行と。身近に気づく変な光景。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
我が家では朝日新聞配達店に市の広報以外の折り込み広告は入れないように頼んでる。スーパーや家電量販店の「セール」を見逃すことあるけれど・・・。
ご近所の住民で独自の資源回収運動として新聞紙、厚紙(チラシ、菓子箱、化粧箱)、段ボールは分別して回収業者に有料で買い取ってもらっている。貯まったお金で懇親会などして。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
なるほど。こちらは新聞紙は町内会費の充当らしい。恩恵なし(笑)。あとは「子供会」用の回収も月一あり。近所で・・・。こっちでは難しいかな。

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...