2011年3月8日火曜日

まさに不毛地帯

不毛地帯。不毛とは土地が痩せていて穀物が育たないことをいう。または、成果の実らないことを言う。

不毛な地帯。不毛地帯。それは我が国にも存在する。永田町という首都のど真ん中。

センセイ達は毎日政局、政争に明け暮れる。もううんざりだという民草の思いに関係なく。
なにかあればすぐ辞めろ、ヤメさせろと騒ぐ。そして攻められた方は辞める・・・。
人間、為すことすべてに何らかの意義があると昔の哲学者は言った。閣僚が辞めることになにかの意義があるのか。残るのは混乱のみ。

自民党さんよ。あなたたちはつい先日までは政権党だった。政権というものがどういうものか少なからず知っていたはず。最早野党ボケでそれを忘れたか。

萬年野党ならいざしらず、少なくともこの国の命運を担ってきた政党。難癖とまでは言わないが、何かあるとすぐ閣僚辞任迫り。マスコミも同調して危機感あおり。マスコミは何らの解決策も示せず、断言もせず。危機的状況です。不透明です。緊迫感を増して来ました。あげく、展開は読めません。

菅ボロ内閣のせいだと言ってしまえばそれまで。ボロはボロ。だからって何をやってもいいというわけではない。仙石辞めさせた。前原辞めさせた。次が細川。そしてとどめは菅内閣問責決議案。国民が選択した参院の「ねじれ」という現象。こんな混乱を期待してではない。
野党が辞任を迫れば、皆、辞めなくてはならなくなる。

閣僚の任免権は野党にありと。

健全野党なんて存在しないんだ。日本には二大政党制は馴染まないんだ。

声高に言う。「説明責任」「任命責任」「政治責任」。ああやだね。責任の大安売り。責任の押し売り。

もうそろそろ日本という国も亡びるね。何の作物も出来ないのだから。

そしてテレビ。やだね。なんで民放の報道番組に元NHKの記者が解説しに出てくるの。外交評論家なんて肩書きで。手嶋とかいう奴。昔、ちと知ってるけど・・・。別に優れて優秀でも無かったような。失礼。
「次の外相は誰がいいですか」。臆面もなく聞く司会者、キャスター。「緒方貞子さんみたいな人ですよ」。昨夜と今朝と2局で同じ事言ってた。

外交の継続性のためにも、諸外国から認めて貰うためにも。

あらら、もうすぐつぶれる菅内閣。そんな「泥船」の緒方さんを乗せるのかい。不毛の論議だけが交わされて行く。

亭主の頭も不毛進行中(爆)。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
亡びてもらっては可愛い孫がいるので困るのです。

先日の天声人語に引用してあった本田宗一郎さんの言葉「理念なき行動は凶器なり。行動なき理念は無価値である」
日本の政治家にぴったりと思ったりして。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
本田翁の言葉深いですね。凶器も無価値も両方が我が物顔に不毛地帯を歩いている(笑)。うん、もはや、暴力こそ伴わないけど無法地帯かもね。