2011年7月18日月曜日

兵を用いるということ

兵を用いる。古くから言われる指導者の条件。用兵の術。

サッカーなでしこジャパンの劇的勝利。テレビの前で歓声をあげた人も多かったでしょう。感涙を流した人も多かったでしょう。

この嫌な世の中の憂さをひと時でも忘れさせてくれた快挙。酔いしれていいのではないですか。

勝利だけじゃない。被災地支援への感謝のメッセージを持ってピッチの中を歩く彼女たち。その姿にまた涙腺が緩みます。

日の丸を身にまとうように走り回る彼女たち。美しい。世界で一番日の丸が似合う女達。

日の丸に書かれた岩清水選手の言葉。その日の丸を皆がかわるがわる持つ。岩清水梓、岩手県滝沢村出身。
「東北の皆さんへ 忘れたことはありません。いつも自分に出来ることを考えています。今回、良い結果を届ける、その一心でした。メダルを持って皆さんのところへ会いにいきます。待っていてください」。

なでしこジャパンの優勝。それは佐々木則夫監督の力によるところ大と思います。その力とは。用兵の妙です。いわば「人事」。かれの采配はことごとく適中した。選手の起用のみならず、ポジションまで。
そして選手の気力を高めるための意の用い方。絶やさぬ笑顔。PK戦に入る前、円陣の中にいた彼の笑顔を見て「勝てる」と確信した。

一人のリーダー。指導者。そのあるべき姿と能力。選手の使い方。人心収攬術、チームを一つにまとめる力。それらを、そのあるべき姿を彼はことごとく示した。

菅直人は、きのうサッカーの事を記者団から聞かれ「勝つといいですね」みたいな事を言ったという。彼が試合を見たかどうかは知らない。
もし、仮に見ていたら、「リーダー」として「指導者・監督」として何を思ったか。多分何も思わなかっただろう。いや思ったことは「俺のチームにはあんな優秀な選手はいない」ってことかも。

チームをひっぱりMVPを獲得した澤 穂希。名前の由来は、彼女が生まれた時、食料難の時期だったとか。コメが実りますように。稲穂の穂と、希望の希の字をとって親が名付けたという。

コメが採れない、野菜もだめ、牛肉も。打ちのめされた東北。穂希という字は奇しくも被災地を励ます名前だった。この日のために生まれて来た子かもしれない。やがて、彼女達が「誉」となって名が残ることを希む。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

正に用兵の術ですね。監督はそれのみに専念し選手と共有していたのでしょう。マスコミへの露出は男子ワールドカップの歴代の監督と比べて全く目立たないし言葉も少なかったと思う。
それにしてもこの快挙を成就した選手・監督へのマスコミのインタビューのお粗末さは!見るに聞くに堪えない。栄光の輝きが吹き飛んでしまったよ。お前ら個性や感性ってもの持って無いのかよ!茨木のり子に殴られるぞ!
「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」って。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
のり子さまに怒られないように「倚りかからず」に生きて行くつもり。背もたれの椅子には毎夜、毎日よりかかっているけど(笑)
佐々木監督も東北は山形の出身。

いくつかの大地震のこと

大相撲の初場所が始まっている。 貴の岩への暴行事件をめぐり醜態をさらした相撲協会、しかも立行司の不祥事。なにがあっても連日の大入り満員だ。 何があろうと「声なき声」は国技館に行き土俵に目を凝らし歓声をあげる。 天皇ご夫妻は恒例の観覧を取りやめられた。 相撲中継時にたま...