2011年11月3日木曜日

「囲い込み」

岩手・宮城の津波被害による瓦礫の処理が進まない。どこもその処理を引き受けてくれないから。やっと東京都が。都知事の“英断”ということか。
どんどん引き受けますよというけれど処理能力には限界あり。

他の地方自治体。皆、二の足踏んでいる。いったんOKしながら、やはりダメとか。

瓦礫の中に放射性物質が含まれていないかどうかが問題だとか。ばかばかしい。ちゃんと二重、三重に測っているんだよ。

「国がちゃんとした指針をしめしてくれないから」。自治体担当者の言いわけ。市民が納得してくれないから。納得してもらえるよう説得するのが“仕事”でしょ。

多くの瓦礫が野積み。囲い込み。

原発は事故処理の囲い込みにまたまた“失敗”した様子。キセノンとかいう物質が検出されたとかで「再臨界」と報じられ、振り出しに戻るの感あり。
そのマスコミの扱いの大きさ。
再爆発起こしそうな勢い。
で、とにかく東電発表。再臨界ではなく自発核分裂だとか。とにかくあそこは早く囲い込まないと。
福島県の除染。進まない。なぜか。はぎ取った土の持って行き場が無いから。県内でさえ嫌がる。囲い込まれた仮置き場の汚染土。

持って行き場がないから除染出来ない家も。

仮置場。中間貯蔵施設。最終処分場。目途がたたないまま。目途が立つわけない。

「放射能との共生」。日本人である以上うけいれなければならない現実なのに。

「国」という漠然とした、相手が見えない目標に対してその責任を言い募っていてもことは解決しない。

これからずっと、「汚染土」は福島県という行政区画の中に囲い込まれるのでしょう。しかし、その県内だとて。すでにはじまっている持ち込み反対運動。
除染じゃない。移染なんです。移染しての囲い込み。

民主主義国家というのは、こうした重大事があると、「エゴ」が突出。ボールの投げ合いかと。

原発20キロ圏内。飼われていた大量の牛が“捕獲”されて、柵の中に囲い込まれている。餌は与えられているが、もうその牛は、人間にとって本来の牛ではなくなった。使命を果たせず「囲いこまれた牛」は何を思っているのか。

あれから間もなく8カ月。何が進んで何が進んでないのか。進んでないことだけが目立ち。

やがて漂うかもしれない徒労感に、被災地が襲われることを恐れるのですが。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
信じられないと言うか悲しいと言うのか・・・。被災地の瓦礫の受け入れを容認していた府県市町村・団体が今は十分の一になった。住民からの放射能の不安の抗議を恐れて。
何時からこの国はこうなってしまったのだろう。政治や教育が頽廃しているから?そうじゃないでしょ。政治や教育の頽廃だったら三千年前から変わっていないのだから。
民主主義、自由主義、個人主義やイデオロギーなんてクソ喰らえだ。
人間の尊厳の問題なのだ。
「この地上に、この俺は一人きりだ。煮られても焼かれても、おれはこれだ、という生き方しか一つの命にはないのだ。人間一人が一生にやれることは一つっきりなのだ。だからこそ、多くの人々と支えあって生きていかなければならない。多くの人々と支え合いたいなら、なおさらキッカリと自分の足で直立することだ」(出典不詳)
恐れなければいけないのは放射能じゃなくて人の心なのだ。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
だから「心の除染」ということを折に触れて言い続けてきました。
「共有」と「シェア」。その“覚悟”が持てない多くの日本人。いつ、どこにこの災禍がやってくるのかわからないのだから。
自然によって被った受難。その負担をいかに広く薄く公平に分配するか。それが生き残った者たちの責務だと確信します。増税論議ではありません。

あさきゆめみし さんのコメント...

静岡の地方紙「静岡新聞」の一面の写真は昨日から始まった 「大道芸ワールドカップin静岡2011」の華やかな場面とギリシャの首相の顔。

毎日新聞はギリシャの首相と、福島の牛舎で排せつ物が溜まって動けなくなった牛たちの写真。

温度差はどうしようもないですよね。
この日本には越えなければならない事が山のよう。厚生年金しかり、TPP、除染や保証の事等など。

人は助けあうから人なんだ・・・っていうけど、悲しいかな結局は自分が一番大事なんですよね。

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
お久しぶりでした。
温度差。致し方ないことですよね。対岸の火事ってことわざもあるくらいだし。
被災地の人間も生き残った農家はTPPに関心あるだろうし、ユーロ圏の金融危機がどう波及してくるかに関心あるだろうし。
ただ、同じ国の中で困っている、弱り切っている人たちがいる。
「共有」と「シェア」。その心が求められているとはおもうのですが。「自分が一番大事」。否定しません。でも、たしかに悲しい・・・。「おたがいさま」ってのも日本精神だったはずなのですが。

八月の終わりに

地球は“異常気象”に覆われた。 日本でも熱中症という言葉が連日メディアから伝えられている。 豪雨に見舞われ、災害大国の様相を見せている。 どことなく秋の気配が感じられる昨今、連日思う事の大なる日々。 アジア大会が行われている。 アナウンサーは「日の丸を背負って」と絶叫...