2011年11月5日土曜日

たまには”笑い話”でも

“その言葉を面と向かった聞いて私は絶句した。「もう、のぞみはありませんよ」。ところがその人が言った。「のぞみはありませんが、ひかりはあります」。それを聞いて私は感激した。それを言ったのは新幹線の切符売り場の駅員さんだったが”。

クスっていう笑いはいいですね。こ話は被災地でももしかしたらウケルかも。

東北の瓦礫めぐってもめている。いったんは受け入れ決めた自治体も続々“拒否”へ。
「自治体の苦悩もわかる」みたいな朝日官邸記者のつぶやき。

都知事がちょっと見たテレビで吠えていた。「ちゃんと測定してもっときてるんだ。危険なわけないだろ。住民の反対・・・黙れって一喝してやればいい」。この男時々良い事言う。

早速取り上げた朝日の川柳欄。

「ときどきは善いこともする都知事さん」。

その石原都知事について田原総一朗と猪瀬直樹が対談している。「本当はあおの人は面白いひとなんだ。時々余計なこと言うけど。作家として自分の言葉を持っている。よく本を読んでいる。自分の言葉を持っているひとはぶれない」。そんな評。

自分の言葉を持った宰相にずっと出会っていない。ずっと、ずっと。

ずっと言葉にこだわってやってきた亭主主宰の塾。もっともっと「言葉」について話し合っていかなければ。

塾の最初の講義のテーマは「初め、言葉は思想だった」。

川柳欄のもう一つ。福井原発めぐる「匿名寄付金」。「本気ならタイガーマスクと書いたはず」。うん、これも戴けた。

そして、かたえくぼという欄。「ギリシャ支援」。憂慮圏です~ユーロ各国~。庶民の言語力高し。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
いいですね~。この小じゃれたジョーク。綾小路きみまろが盗みそう。
ところでEUの混迷。約40年前にEC(当時)の副委員長マンスホルトがヨーロッパ共同体に真剣な警告と提案を行ったそうで。「今までの経済政策、科学技術の発展やそれに伴う事業の推進によって、単にGNPの増加を図る、というようなことをやっていてはヨーロッパは亡びる。今後はGNPではなくGNHでやってゆかねばならぬ」安岡先生の講和より。
地球の人口が当時は36億だったのが今日70億を越えたので亡びる国が今後続出するのでは。世界中がGNHを真剣に考えないと。先進国は率先して。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
恐縮。ブータン見習え。ブータンに帰れということかも。
国の財政状況に、さまざまな「ハゲタカ」どもがよってたかって・・・。EU圏の構図は良く読みとれないけど、もしかしたら誰もわかっていないのかも。正解を。

TACO さんのコメント...

嘗てGNH世界第4位だったブータンも若者達がネット社会に熱中し先進国の利便・奢侈に興味を持ち始めているとか。
お釈迦様、この人達に不幸が訪れないように救ってください。

(これから仙石原へススキを観に行きます。枯れないうちに)

亭主 さんのコメント...

tacoさま
お釈迦さまも救えるのかなこの衆生を。たぶん、自己都合で頼みごとしてもダメかも(笑)
亭主、もはや「彼すすき」なり。

八月の終わりに

地球は“異常気象”に覆われた。 日本でも熱中症という言葉が連日メディアから伝えられている。 豪雨に見舞われ、災害大国の様相を見せている。 どことなく秋の気配が感じられる昨今、連日思う事の大なる日々。 アジア大会が行われている。 アナウンサーは「日の丸を背負って」と絶叫...