2011年11月11日金曜日

’11・11・11.8カ月

別にどうでもいいことだけど、100年に一回は来る「1」が並ぶ暦。
そして、あの日から8カ月。

“ほぼ日刊いとい新聞”というサイトをやっている糸井重里さんが言っている。
「誰に言うものなのか、よくわからないのですが、この3月に、ほとんどの人たちが、「この痛みは、みんなで分けよう」と思ったはずです。その覚悟が薄められていかないようにと、ぼくは、しつこく東日本大震災のことを言っていきます」。

びっくり。嬉しい。亭主の心情とまったく合致しています。しつこいかどうかはともかく、亭主も8カ月書き続けてきました。

それは、ひとつの「覚悟」だったのかもしれません。

きょうに合わせるように政府にあった一つの会議が消えました。「復興構想会議」。菅直人得意の思いつき会議。結局、何の意味があったのか。「会議詐欺」と命名。

出来た時、亭主もその会議そのものやメンバーをここごとくけなしました。
何の意味もない会議や集まりをどれだけ作り、やってきたのか。

最期の会議後に委員から続出したのは「政府の意思決定、復興策の実施が遅すぎる」という声。ある委員は「与野党ともに復興最優先と言っているが、実行が伴っていない」だったとか。

会議のメンバーになっていた以上はおまえらも同罪って。政府が悪いと言っていれば事足れりとする風潮がこの会議にもあった。被災県の知事だって加わっていたのに。

TPP騒ぎでのここ数日。問題の本質の論議ではなく、一日延ばしたことへの文句。国会もマスコミも。

騒ぎをよそに、今日の閣議で決まったという「除染対策関係閣僚会議」とやら。
お願いだからほんとうに機能してください。
そして伝えられた静岡県の市町村会の瓦礫処分受け入れ決議。東京都につづいて静岡も。県の決定ではないけれど。
こんな動きは広まって欲しい。全国に。苦しみや悩みの「共有」と「シェア」。
シェアはフェイスブックだけの「用語」ではない。

朝日新聞福島総局の記者の「つぶやき」。拝借。

静岡県の市長会と町村会が、被災地のがれき受け入れに前向きに取り組む共同声明をまとめました。川勝知事が「他人事ではない。何とかできないか」と要請。ありがたい話ですが、でも、放射能が少しでも検出されたら駄目なんでしょうね… 。

駄目なんでしょうね・・・とは何たる言い草。こういうのも、一つの風評被害のもとになる。
「少し検出されたとしても断固やって欲しいもの」。そんなこと言えないのか。

ツイッター上に散見される現場の記者の「つぶやき」「感想」にも激しく違和感感じる。

官邸記者は連日ぼやく。「ぶらさがり、問いかけに応じない。国民との直接対話避けている」って。くだらない。

パケット通信料の無駄じゃ。

6 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま

古来「分かちたる 喜びは倍の喜び 分かつべき人が居るは 幸福なり」と言えるは
「分かちたる 悲苦は半分 分かつべき人が居るは 幸福なり」とも・・・。
喜びも分かち合えないばかりか悲苦をも分かつべき人が居ないとは情けない世の中になったものです。
東日本大震災・原発事故。しつこくずーっと書き続けてください。分かつべき人として。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
ありがとう。励ましのお言葉沁み入ります。喜びと苦しみと。半減期はどっちが早いのだろう。喜びだよね。折れずにはむかいますよ。この世相に。

さつき さんのコメント...

「覚悟」が揺るぎそうなときは、瀬川さんのblogを読みます。

キー好きサツキ♪

亭主 さんのコメント...

サツキさま
揺れても揺れなくても読みなさい(笑)
覚悟・・・愛することも覚悟かも。
覚悟の次は「他山の石」それとも「不動心」。いろいろありがとう。心から感謝。

匿名 さんのコメント...

東日本大震災の3月11日、被災しなくても忘れることは出来ません。マスコミは情報を発信しますが心に温かく浸み込んで来ない。

視点に違和感を感じる。

メディアが変われば日本は再生するように感じます。

亭主 さんのコメント...

匿名さま
ご来店ありがとうございます。
マスコミ・メディアの問題。病根深し。なかなか変わり様は無いと思います。
こっちの「リテラシー能力」かもしれませんね。メディア離れが加速しているのもこの国の姿。

♪ケ・サラ ケ・サラ♪が響いていた頃

3年前の夏、国会議事堂や首相官邸の前では反原発・安倍内閣退陣を求めた 人たちの群れで溢れていた。連日のような行動。 その中で一際目を引いたのは自由の森学園の生徒たちが歌う♪ケ・セラ♪の大合唱だった。 学生の中に大人も交じりケ・セラ、ケ・セラと歌い続けていた。 ♪押さえ...