2011年11月12日土曜日

「風」の仕業

放射能の年間被曝基準。どうやら年間1ミリシーベルトという数字が“定着”したような。最初の頃の20ミリシーベルトという基準には、学者・専門家という人達の多くが泣いたりわめいたり罵倒したり・・・。問題ないと言った学者や研究者は犯罪人扱いされた。

「風」の仕業とタイトル書いたけど、その一つが風という字の入った「風評被害」というもの。

いろんな学者さんがいる。専門家と称する人がいる。大声で1ミリを言う人をメディアは積極的に登場させる。

年間20ミリシーベルト。時間当たりに勘算すると、毎時3,8マイクロシーベルト。1ミリシーベルトだと毎時0,19マイクロシーベルトということになるそうな。

郡山の数値は0,8マイクロシーベルト前後を行き来しています。立派に1ミリシーベルト越え。こりゃ「風評被害対象地域」だ。

0、19を毎日一年間浴びていての1ミリシーベルト。一週間や一カ月滞在していてどうなるものでも無しなんですが。

風評被害。被害者は当然福島県。で、加害者は。学者やマスコミ。鵜呑みにする識者。

責めるつもりは毛頭ありませんが、大いなる自己判断力の欠如、付和雷同かと。
風の仕業って・・・・。

大気中の測定値があまり変わらない。みんな思っている素朴な疑問。答え無し。
ようやく出てきた一つの観測。東大や茨城大学の研究チームの調査。

「地面に落ちた放射性物質が、地面が乾燥することによって風によって舞い上げられ再浮遊したのではないか。土埃となって」。

風の仕業なんですね。風は気まぐれ、気の向くまま。これじゃ、薄い濃度で飛散区域はもっと広がるじゃない。
乾燥は冬とは切ってもきれない自然現象。

これ見たらまた思う人もありやと。「風の強い時には福島に行くのをやめよう」って。

塾生に言いました。「風評被害、風評被害って暗い顔してるな。その顔を映すのがテレビの仕事。仕掛けに乗るな。確かに被害はあるけれど、風評被害ってなんですかって顔して笑ってろ。そしたら県外から来た人はびっくりする。福島の人は皆笑顔だったって。そうすりゃ“風評”は逆に多少は収まるかもよ。人間なんてそんなもんだ」と。

絆と呼びかけても、がんばろうってスローガンを並べても風は吹く時には吹く。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
上野で開催中の特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」を観てきました。
公園の入り口には東北大震災支援プロジェクトの出店があり。福島産のテントで不知身柿を買い求めた。ベビーカーとか子供づれの若い夫婦やらも店の若い人と歓談しながら林檎とか柿を買っていました。柿を試食だけして立ち去ったオジサンも居たけどね。
風評なんて気にしない人がたくさんいる。これも現実。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
ありがとう。身の程知らずに大きくなるからというのが見知らず柿のいわれとか。
今年も皇室に献上されてます。
お楽しみくださいな。

♪ケ・サラ ケ・サラ♪が響いていた頃

3年前の夏、国会議事堂や首相官邸の前では反原発・安倍内閣退陣を求めた 人たちの群れで溢れていた。連日のような行動。 その中で一際目を引いたのは自由の森学園の生徒たちが歌う♪ケ・セラ♪の大合唱だった。 学生の中に大人も交じりケ・セラ、ケ・セラと歌い続けていた。 ♪押さえ...