2011年7月4日月曜日

民主党政治は「恫喝政治」

「貴様、何様のつもりだ。ふざけんな。とっとと帰れ」。亭主がその場にいたら松本龍なる政治家を怒鳴り上げていただろう。

こんな奴を見たことが無い。

宮城県知事を脅し、岩手県知事の前では、「俺は九州だから東北の地名や場所がわからない」。あげくマスコミに対して「発言はオフレコだぞ、書いたらその会社は終わりだ」。ばかやろーー。終わらして見ろよ。売られた喧嘩は買え。マスコミ諸君よ。どっちが終わりになるか徹底的にやれ。

民主党政権になってから政治家による「脅し」が相次いでいる。菅は常に官僚を怒鳴りつけ、いちいち覚えていないが「俺をだれだと思ってる」って自衛官お胸ぐらつかんだやつとか。
連立組んでる亀井も脅しが得意技。

脅しを生業としている“職業”はヤクザ。それと同じ。そのはみだしもんのヤクザだって被災地には支援物資を送った。

菅内閣とはヤクザ以下だ。

ソファに偉そうにでんと構えて座って言いたい放題。あの偉そうな口のききかた。

菅という政治家はほとほとお粗末だと再認識させられる。なんでこの松本なんて野郎を大臣にし、しかも復興担当なんかにしたんだ。

こればっかりは任命責任大。即刻総辞職の勧め。こんなバカヤロウに差配されているより多少の政治空白の方がまだマシだ。

政界一の大金持ち。祖父は社会党の参院議員だった人。部落解放の父ともいわれる松本治一郎氏。オヤジもゼネコンで財を為した参院議員。
まさか「恫喝」が家訓だったとは思わないが。

ヤクザをたとえに出したけど福岡県では川筋もんというのか。麻生太郎も、そういえば恫喝が好きだった。

出迎え方が悪いだと。今頃のこのこ出かけていって“国賓待遇”でも要求しているのか。

福岡一区の選挙民の皆さん。どう思います。あなたがたが選んだセンセイの言動。態度。東区、博多区にお住まいの方。
東北に住んでいますが福岡の地名や選挙区くらいわかってますよ。


おい、松本。お前は国会議員なんだぞ。国中のこと知っていて当然なんだ。新潟から出てきた田中角栄は日本全国の地図を頭にいれていた。叩き込んでいた。

嫌いだと言われた”身内“をかばうのか。菅は。枝野もなんだい。松本をかばっている。まともな政権なら、きょう、即刻辞任させている。また国会が紛糾する。それが被災地復興にどんなに悪影響を与えるのか。

悪代官が乗り込んできての無理無体。だから言ったでしょ。東北一揆だと。そうしよう。東北処分を諾々と受け入れてるわけにはいかない。

松本の記者会見で、彼がサングラスで登場するかどうかはしらないが、「あなたは何様のおつもりなんですか」、そう真正面から質す記者はいないものか。

恫喝が好きな小沢一郎だって、あんな態度や言動はしなかっただろうと思う。

これが菅内閣の実態・・・。

0 件のコメント: