2011年7月5日火曜日

日本の”政治”は終わった

昨日の続きを書かなければならない。
松本龍が辞任。それをきのう亭主は迫った。そしてそうなった。だけど、よかったとは言えない気分。当然であって、驚くことでは無いし。

昨日の夕方まで「強弁」していたのが今朝になって「心機一転」というか「変節」。鳩山や菅を見習ったかのような振る舞い。あげく、辞任を決意した理由は個人的理由であり、申し上げられないーと。

そして曰く。「被災地の人たちに寄り添って行きたい」。やめてくれよ。寄り添ってなんかほしくない。傍にこられたら気持ち悪いし。そしてまたもや出ましたね。「一兵卒」。小沢のセリフ借りたのか。

昨日も書いたが菅の任命責任は大。さっきテレビに映っていた菅の表情。目はうつろ、頬はこけ。覇気も感じられない。もう無理なんですよ。早くやめなさい菅直人さん。

人事のミスはトップにとっての命取り。まともな閣僚人事出来ない人は宰相の器ではないのだ。

野党の矛先は菅に向く。党内からだって向く。言い訳の言辞は想像に難くないが、何を言っても空虚、無意味。

政局好きのマスコミは解説する。松本の発言や行動は「菅降ろし」のための“自爆テロ”だと。
言ってみれば、お遊びじゃないの。それの証拠。松本はこの期に及んでもまだ言う。「謎かけが出来なくなった」って。遊んでる。永田町は。

後任に誰を充てるにしても、もう、被災地の人間からしてみれば同じこと。今の政治を、菅内閣の無策を終わらせて欲しいということだけ望んでいる。

一本釣りだ。あんな小物を政務官にしてそれを釣りに例えられたら、被災地で魚を釣ることを生業とし、命をかけている漁師に失礼だ。
菅退陣の「花道」。あのね、花道っていうのは歌舞伎役者さんの名演を称えて花を贈る道。これだけ世を騒がせ混乱させた菅に「花道」って言葉はあてはまらない。マスコミよ、言葉にこだわれよ。

さ、明日からの国会再開。不毛の延長。菅はどう出るか。辞めろ迫ると“花道”から逃げ出そうとする奴なんだから、舞台暗転、奈落へというのが筋道なんだけど。

とにかく菅が辞めない限り政治は進まない。なんでもいいから多少は「明るい道」が見えて欲しい。

日本の政治が終わってしまう。

菅さんへのハナムケの言葉。「あなたは辞めることだけに、退陣することだけに意義がある」。

被災地は蚊やハエに苦労している。感染症も危惧される。子供たちが汚染されていくと福島県民は恐怖に怯えている。菅は目の前のハエを振り払うことにだけに専心している・・・。

日本ってこんな国だったのだろうか。政治家全部が蚊やハエに見えてくる。

6 件のコメント:

TACO さんのコメント...

御説全く同感。
♪こ~んな日本に言~隹がした~♪

ライオスキー さんのコメント...

全くソノ通りですね

蚊やハエの方がキッチリしてるかも…
純粋に無駄なく精一杯生きている

例えるモノがないですが…ホコリ?(苦笑)

ナンノ役にも立たず、ただ邪魔なだけ
何度キレイにしても、いつの間にやら
同じモノが湧いて来る
フワフワしていて重みの無いみたいな

亭主 さんのコメント...

tacoさま
誰って・・・・。もうその名前も言いたくない(笑)

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
まだボウフラの方がましかも。例えられた生き物の方が哀れ。

おむすび さんのコメント...

こんな人を任命した任命責任は? こんな人を国会議員に選んだ選択責任は誰に?
あーあ やんなっちゃった!

亭主 さんのコメント...

おむすびさま
お初ですか・・・。
任命責任、言葉だけでは認めたようですよ。国会で。感じているかどうかは別。何も菅じてないかも。
もう、みんな不満、不信を通り越して、絶望になっているかも。ああ、やんなっちゃった。まさに諦めですね。
選んだのは選挙民。それを言ちゃあお終めえよ。