2011年7月10日日曜日

スポーツの力

気になっていたサッカー女子のW杯。やってくれましたね。ドイツに勝利。またとない朗報。
被災地から発せらるツイッターも、この時ばかりは歓喜の声、声。

被災地や避難所。地道に活動を続けるボランティア。汗を流しながら職務にいそしむ役場の人、原発の現場で恐怖と闘いながら作業を続ける人。

人には人それぞれの役割がある。それを成し遂げているかどうか。

メディアが取り上げるせいでしょうか、いや、そればかりではない。スポーツには不思議な力が、魔力のようなものがある。

震災後、子供たちはまず最初にサッカーボールを蹴っていた。避難所で。キャッチボールをしていた。素手でも。

プロ野球選手、相撲、サッカー、プロゴルファー。彼らが訪れた避難所は歓声に沸く。みんな異口同音に言う。「力を貰った」と。
全力を挙げてプレーするスポーツ選手から何か力を感じ取る。力を彼らは発している。

ドイツ戦、ゴールを決めたのは丸山桂里奈。アシストは澤。絶妙なコンビ。

試合前、佐々木監督は選手全員に東日本大震災のビデオを見せたという。「本当に苦しい時は被災地の人のことを思って頑張れ」と言ったという。
苦しい戦いの中で、多分、彼女たちはその映像を自らの体験を思い出し、気力を振り絞ったのだと思う。

ゴールを決めた丸山。かつて東京電力の社員だった。東電のサッカーチーム「マリーゼ」の主力選手だった。
彼女の職場が原発だったかどうかは知らないが、今、事故収拾の前線本部となっているJビレッジのコートは彼女のサッカー人生の“ふるさと”だったはず。

原発事故の後、彼女のブログが炎上させられた。彼女はそのエントリーを削除した。

試合前に見たビデオ。彼女の中に期するものがあったのではないだろうか。後半交代で出場。走り回る彼女の姿には鬼気迫るものがあったように見受けられた。
そして走りに走ってのゴール。職責を全うした。

論語の一節が浮かぶ。
「衆これを悪(にく)むとも必ず察し、衆これを好むも必ず察す」。

この際、読解は不要かと。

次はー。もしかしたらゴルフの宮里藍かも。目下2位。仙台ゆかりの人。

スポーツには力がある。昨夜のNHK原発特番。延々とした議論。隔靴掻痒。
テレビに伝える力はあるのか。あったのか。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

NHKの原発特番。三宅という人は色々な討論会の司会を担当するキーパーソンらしいけどいつも議論のツボに嵌って来ると
話題を逸らすのでイライラする。生放送だから時間の制約があるのかもしれないが・・・。
原子力安全委員の発言で原発事故がなぜ起こったのはっきりした。安全性と経済性とのバランス?。一般論なら許せるけど核燃料に関しては論外。この野郎は今福島で、いや日本中で国民が何で苦しみそして恐怖の日々を送っているのか知らない。こんな奴を安全委員にしといて良いのか!バカヤロー!!!

亭主 さんのコメント...

tacoさま
本当はそのNHKの番組書きたかったけどサッカーが良かったんでそっちに(笑)。
それに書きだすと頭にまた血が上って頭痛激化するからやめてた(笑)
代わりに怒ってくれてありがとう。
あのシラーとした奈良林ってなんだい?
原子力エセ学者が経済を語る。噴飯もの。それを流す司会者や解説委員。
「あんたはいつからそう思っていたの?今日?事故以降?事故以前?もし以前なのだったらなんでそれを言わなかったんだ」詰問したい。
細野曰く。「保安院解体。安全委員会にシフト」。ふざけんなよ。コンニチの事態を招いたのは安全委員会だ。でたらめまだらめだ!!名称変えろ。「原子力危険委員会」って。
あ、あの番組に出たかった((爆)。