2011年7月15日金曜日

あの頃のあれは・・・

テレビで連日字幕を含めて伝えられていた放射線情報。そう、原発水素爆発直後から。

放射能からどうやって身を守るか。連日そればかり。

外出は控えよう。止むを得ず外出する時は帽子をかぶってマスクをして、長袖着て、手袋して・・・。ゴーグルかけて・・・。
外出から帰ったらすぐ手を洗う。シャワーを浴びる。着ていた服は洗う。
室内は窓に目張り、窓は開けるな、換気扇は使うな、エアコン使うな。

もう刷り込まれてしまった防護対策。子供にはまだ適用。

酷暑、酷暑。夕方にはゲリラ豪雨襲うものの日中の暑さはまさに熱中症の贈り物付き。

一転テレビは熱中症の話題で大騒ぎ。節電、節電を言って来た”正義の味方“のふりしてる人たちまでもが「エアコンを使いましょう」と。

挙句、「エアコンはだいたいのものが外気を取り入れないから大丈夫」だと。専門家の弁。

何故か今年の夏は虫が多い。網戸もすり抜けてくる細かい虫も。

豪雨。思い出すのはビキニ環礁での水爆実験。放射能に汚染されまくった日本列島。第五福竜丸の事件。
「雨に当たるな、雨に当たるな」。親から散々言われた。雨が恐怖だった昭和31年。その時の“残滓”は未だに列島各地にあるはず。半減期をさえ迎えていない放射性物質。

福島県を襲うゲリラ豪雨は・・・・。

きょうもお医者さんと会話。「20ミリシーベルトでも問題ないと思いますよ。ビキニの時はとんでもない数値だった」。

どこのお医者さんかは言いませんよ。市民団体とやらに刑事告発されてしまうから。

「告発」か・・・。東電と学者を告発するという。東電はともかく、放射能に関する見方で裁判所が学者を裁けるのか。ろくな学者はいないけど、まともな学者はいないけど、裁判官が学者の言論を裁くということはファシズムにつながる。

すでにして一部の知識人なる人たちの間や、政界では「ヒトラー待望論」が否定も含めて言われ始めている。

テロリズムやファシズム。放射能よりも怖い。

そして、ここ数日は「汚染された牛」の話しがメディアを賑わす。もちろん、餌の管理で農家に非があるとしても、故意にやったことではない。

この国の危機管理能力のあまりにも貧しさ。

将来の自然エネルギーを語る前に、思いつきの人気取りに走る前に、今、やらねばならないことあり。牛の餌。被災地の子供の給食。

やがてこの国を襲うであろう食料危機への危惧。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

朝日新聞によれば告訴したのはNPO団体、されたのは管、枝野、海江田、保安院長、安全委員長斑目そして東電社長清水。過失傷害罪で。水素爆発を未然に防げなかった。事後処理の対応不全、出鱈目な避難勧告。
「原発さえ無かったら!」と壁に殴り書きして自殺した働き盛りの畜産家が証明する。
執行猶予なしの有罪は間違いないでしょう。
市民運動としてこの訴訟を支援しましょう!
「脱原発」と今頃言っても情状酌量は無いよ。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
福島県ではNPOかなんとか団体か、それに所属する弁護士か。福島大学の副学長になった長崎大の山下俊一教授が20ミリシーベルト云々の問題で片言隻句をとらえられ告訴されています。
反、脱をいう学者はいい人。
政治家と東電と学者は同類なんだろうかと。
もう「自殺者」はいりません。

あさきゆめみし さんのコメント...

知らずにとはいえ、出荷されてしまった牛肉。静岡にもはいったようです。

もしかしたらワタシも食べているかもしれません。和牛すきですから。
最初の畜産農家は本当の事を隠して出荷したように聞いていますが、その次の農家は念のために調べて発覚したそうですね。
原発からずっと離れていても、警戒区域でも何でもないところでも時期と気象状況によって放射性物質が蓄積してしまうとは・・・・。

日本は島国だから隣国に及ぶということが少ないだけでも良しとは思いますが、これから何十年も放射能という言葉に怯えて暮らさなくてはならないのかと思うと憂鬱ですよね。

ま、私やご亭主はあまり先の心配してもしょうがないですが(笑)、若い人たちが心配して線量計に走るのも無理からぬところかもしれませんね。

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
もう”汚染”はとどまるところを知らずって状況ですね。
明日は無いが出てくるか・・・。
汚染されていても構わない。牛肉ずっとご無沙汰。食いたいかも(笑)
しかし、嫌ですね。
もしかしたら海の向こうにも飛び火してるかもしれない・・・。