2011年7月17日日曜日

森をみて木を見ざるがごとし

木を見て森をみざるがごとし。古くから言われている諺。目先のことにとらわれて大局を見失うことを戒めたもの。

過日、仙谷由人は仮設住宅の遅れを問われて、こう述べた。「市町村によってマンパワーの違いがある、市長さんの力が違うからだ。遅れていると批判するのは、まさに木を見て森を見ざるだ」と。

なるほど。仙谷は森を見ている政治家だったんだ。

最近仙谷と菅は仲が悪いといわれている。本当のところはわからないけれど。
その菅はぶち上げる。「脱、原発依存」を。エネルギー政策の転換を。そして、それを政権としての公約ではなく、個人の思いだという。「思い」の政治。それはもう鳩山でこりごり。なんで民主党政権は「思い」ばかりいうのだろう。
「思い」なんてすぐ変わる。鳩山の前例でわかったはずなのに。

「思いの政治」に賛辞を送る一部のジャーナリズムや論壇がある。文学者が思いを語り、書くということは意味のあることだが、政治と言うものはさにあらず。その国の有り様にかかわってくるのだから。言った言葉の内容ではない。菅直人の本質を分かっていて送る賛辞なのか。

菅の言っていることはまさに「森」。今、「木」を見なくては。木とは即ち目の前のこと。被災民、避難民、生きる術を失いかけている原発被害者。
菅が本心から、政治家としての良心をかけて「脱原発依存」を言っているのだとしたら、あえて言おう。「森を見て木を見ざる」と。森を構成しているのは数々の木なのだと。木を守らないで、救わないで、森は成り立たない。

今日の新聞にあった一人の訃報。岩本忠夫、82歳。原発のおひざ元、双葉町長を5期20年務めた男。20年間原発と付き合って来た男。
反原発を掲げて社会党所属の県会議員をつとめ、やがて“転向”。一時は反原発運動のリーダーだった。町長になって初めて気づく。余りにも酷い赤字財政の町。町長を努めたいという権力欲がそうさせたのか、町を救うためにそうせざるを得なかったのか。東電の「金」に町を預ける。東電無くして町は成り立たなかった。原発誘致に舵を切った。反原発という「森」を捨て、町を生かすという「木」を選択してしまったともいえる。

双葉町の歴史に彼の名前は刻まれる。良きにつけ悪しきにつけ。

原発事故当時、彼は重い腎臓病を患い、双葉町の病院で人工透析を受ける患者だった。爆発で彼も家族とともに避難民になった。結果、福島市に移住。容態急変。一昨日亡くなったという。

東電に原発に裏切られた。その「思い」を強く持っていたのかもしれない。異郷の空を見ながら、我が半生をどう思っただろうか。

きょう福島市内で行われた葬儀。東電からの参列者はあったのだろうか。「功績者」に対しての惜別の言葉、詫びの言葉はあったのだろうか。

6 件のコメント:

TACO さんのコメント...

こだわりを捨てる「般若心経」
道元禅師の「正法眼蔵」に『放てば手にみてり』とあるそうな。お前さん何をつかんだまま居るんだい、手放せば分る。なんでこんなつまらないものをつかんでいたんだろうって。
権力、地位、妄執、お金????
生まれてくる赤ん坊は手をしっかりと握っている。この世は自分のものだって・・・。死んでゆく者は手を開いている。

猛暑続きでボクの頭は混乱してるに違いない。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
赤ん坊が手に握りしめたものは何?希望?
開いた途端に無くなり一生かかって探すものなの?
一切苦厄舎利子色即是空空即是若色。一切は空なり。空なろかな善。

ライオスキー さんのコメント...

民主党や自民党そしてその他の党、彼らの「芯」はどこへやら。この輩達は「雑木林」程度でしょうかね。現状に対する建設的な考えや政策を実現するのには、役に立たない林みたいな。

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
上手い事言うね。雑木林。でも雑木林も役に立つ。
まさに役に立たない輩だけがふんぞり返っている国。
被災地に来てもふんぞり返る。松本某じゃないよ。この前郡山にきた人。大勢の警護、ピカピカの黒塗り車。その違和感。なんかちょっとすれ違った知事さんにもそんな雰囲気が。

TACO さんのコメント...

公案が帰って来るとは!
生まれ来る赤子が全身の力を籠めて握っている両手の拳の中にあるものは法身なり。力を緩めれば指の間から洩れて行ってしまう。されば此れ彼岸に不用なりとて死に往くものは両手の拳を全く開いて宇宙へ帰すなり。

次の公案、何故Stone(拳)はPaper(平手)に負け、Scissors(二本指)に勝つのか。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
ハサミは石を切れない。ハサミは紙を切る。紙は石を包む。
とでもいうことぐらいしか。この三者の関係を説くものだろうけど。北風と太陽に似た話しのような。
郡山には「グーチョキパー」という岩盤浴あり(笑)。