2011年7月20日水曜日

語るに落ちた

女子サッカー、なでしこ。その快挙に日本列島未だ冷めやらず。監督も21人の選手たちもテレビ出演に引っ張りだこ。どの局でも同じような話しをさせられ、質問され。ゲームみたいなことにも付き合わされ。嫌な顔せず出ずっぱりの選手達。
いやいや、健気であります。宮間と福元は岡山のクラブに帰ったとか。その他のみなさんも早く解放してあげてくださいよ。
見たいけど我慢するから、次の「仕事」に「休養」に当たらせてあげてくださいよ。

岩清水は大きな約束事を持っている。東北の被災地へメダルを届けるという。

今、被災地に元気を与え、励ます事が出来るのは彼女達しかいないのだから。

それにしても「職権乱用」の菅。きのう早速官邸に呼び。気色満面。そして言った。リーダー論で教えを乞うた。マスコミがこぞって監督や澤のリーダーシップを賞賛しているのを見たからでしょうか。

「うまくまとめ上がるのがプロの力量。私も今から勉強するのは間に合いませんが、そういうところを学びたい」。

語るに落ちるってことはこういうこと。自分にリーダーシップがないことを認めている。揚げ足取りをしているんじゃありませんよ。
国会では失政を問われてすべて謝罪、謝り。なのにこの危機を救うのは俺しかいないとばかりに混乱だけ招いていた舌禍の数々。閣内すらまとめあげられていないということを白状。

監督も選手も被災地の事を常に心に刻んで、それを力に変えた。試合後は支援に感謝して回った。能無しを自認。

新聞記事によれば、なんかアドバイスは?と記者に問われた澤は即答。「ないです」と。そうなんだよ。穂希ちゃん。ついでに「バカにつける薬はない」位のことを言って欲しかったくらい。

「選手たちから勇気を貰った。諦めない気持ちを学んだ」。国会答弁、取りようによっては居座り発言。
人気にあやかろうとした姑息な官邸招致。あの菅の笑顔みて、発言聞いて、誰しもが呆れていましたよ。かえって墓穴を掘っているって。

きのう大関魁皇が引退宣言。1047勝の偉業達成して。おのれの限界知った鮮やかな出処進退。魁皇は歴史に名を刻む。引き際の見事さも含めて。

原発事故。処理工程のステップ1達成と豪語するけれど。なんとも心もとない。
汚染の余派は広がるばかり。

菅は汚名だけを残して歴史の片隅に残るだけか。

アメリカのメディアは書いたという。なでしこを称えて。「フクシマの年の伝説」と。菅の福島の年の伝説。失われた日本を作った人として、不名誉な伝説に名を連ねる。

0 件のコメント:

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...