2011年7月22日金曜日

「被害者」が「加害者」になる不条理

連日テレビを賑わす”汚染牛肉問題”。きのうのテレビ。”消費者”の着飾ったおばちゃんがカメラに向かって言っていました。「心配です(自分の健康)、しばらく福島県産の牛肉は食べません」。その映像の後ろに台風の余波と思われる風にはためく「がんばろう東北」ののぼり。偶然なんだろうけど余りにも”滑稽”なテレビが切り取ったヒトコマ。

福島県の畜産農家は壊滅的な打撃を受けている。放射能汚染が牛にまで及ぶ。
当然政府は想像力を働かせ予想すべきであり、対策を講じるべきだったにもかかわらず。
最初は乳牛。暫定基準値を超えていたということで福島県産の牛乳は出荷停止。乳牛農家は廃業にまで追い込まれた。「処分」される牛を泣きながら、ごめんねといいながら見送っていた農家の人の姿は忘れられない。

そして起こったのが肉牛。餌のせいで、藁のせいで放射性セシュウム検出。肉牛出荷停止。酪農家の怒りや悲しみ。計り知れない。

汚染されたという藁は福島県だけにとどまらない。宮城でも他県でも。酪農家も藁農家も「被害者」である。その被害者がいつの間にか「加害者」にされてしまっている。牛を出荷した農家は陰湿な仕業にさらされているという。メールや電話やなども含めて。

この経過を伝えるメディア。特にテレビ。汚染牛、福島。新聞の見出しもそうだ。大きな見出し。大きな字幕スーパー。色まで変えて。
どこにその肉が行った、どこにあった。どこのスーパーでと。見ている人は思う。読んでいる人は思う。福島県産の牛は全部汚染された「悪い牛」だと。まるで探偵ごっこのように肉の行方を追い、「消費者」に、怖い、嫌だ、食べないと言わせる。その報道の仕方は、むしろ誇らしげだ。俺たちは正義の味方だといわんばかりに。そして付け足しのように専門家の見解。「200グラムを毎日食べても、1キロの肉を食べても内部被曝量は0.008マイクロシーベルト」だと。もちろん、他の食品や自然界から受ける放射能の累積って問題はあるにしても。

でもね、だったら安心じゃないの。なんで「出回っているけど安心」って見出しやタイトルにしないのか。安心じゃニュースにならないから。

視聴率競争なのか。騒然となる話題がいいのか。「安心」は付けたし。「不安」は怒涛の如く。煽る、煽る。新聞の訂正記事。誤報は大きく。訂正はベタ。それと同じ。

不安を煽ることがそんなに楽しいことなのか。

福島県産の牛肉はもう終わり。そのうちに他県産の牛肉にも飛び火するでしょう。
食卓から、飲食店から牛肉が消える日。あながち想定外ではないかも。
牛肉は大幅な値崩れ。畜産農家はやってられない。

放射能汚染は、こころも汚染する。汚染列島。不条理はさらに生まれるはず。

2 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

海外牛肉では「BSE(牛海綿状脳症)」がありましたよね
最近では、国内で、「口蹄疫」や「鳥インフルエンザ」

自然界で起こりうる様々な新種の伝染病
それを予測することはできない、人類は神ではないのだから

人は様々な道具を発明し、技術を高め、快適な生活を求め、そして手に入れてきた
一方で、地球環境に様々な負荷を与え続け、自然をコントロールしようとしてきた

「野菜等の遺伝子組換え」や「クローン」
地球上の人類の食材を満たすために、日々新たな技術で人は食するものを創りだす

コンビニで売られているお弁当等の食品には「化学保存料」
体内でどんな化学変化が起きているかは未知の領域…。

海外から輸入される野菜や果物には「農薬」
当然、船で送られてくるわけだから大量に?
でも、検査基準は本当に大丈夫なの?

放射線も「暫定」基準値なるもの、これもよく分からない。
静岡の茶畑で基準値以上の放射性物質が検出されたなら、他の野菜でも出るのでは?関東地方での全種一斉検査をスタートしたら、どんな結果がでるのだろうか?

国内では安心できない、だったら海外なら安心なの?
いや、それも分からないのが現状

どこまでが「安全」の域なんでしょうか?
どこまでの「安心」を人は必要とするのか?

実際のところ
我々は「真実」を何も見抜けていない
我々は「真実」に未だ辿り着いていない

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
まさに然りと。BSE騒動の時の空港での完全防護服の検疫。いまではお嗤いだし。
遺伝子組み換えやクローン。まさに神の領域への侵食。
安心、安全も含めて、人間の感違い、思いあがり。
結局、すべてを否定するわけではないが科学者たちの自己満足に付き合わされているような。
放射能ヒステリー症候群も「学者」の身勝手な発言の数々が発端とも。
暴論のそしり覚悟。人類が宇宙を目指したことで地球は壊滅への道を歩きだしたと。

真実は神のみにある。そんな考えもあながち異論さしはさめないような。

貴論、まさに塾のテーマだったのだが。言及なしだったのが・・・。

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...