2011年7月25日月曜日

国民恥辱賞をどうぞ

政府はなでしこジャパンの国民栄誉賞を授与するという。個人が対象の栄誉賞だけど今回は団体。その特例の理由を枝野はこう語ったと。
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与える業績があり、国民栄誉賞の目的にぴったり合致する」と。

大いに結構。大賛成なんですが、どうも両手を挙げてとう気持ちになれない。なぜか。当然です。授与するのは菅だから。

枝野が言う“偉業”を達成したメンバーに異形の異業しかしていない菅がまたぞろ満面の笑顔で登場し、彼女たちの偉業のおすそわけにあやかるどころか、人気に乗っかるようにしか見えないこの政権だから。

菅にも賞をあげましょう。栄誉の反対語は恥辱。国民がこぞって「国民恥辱賞」をあげましょう。理由。枝野発言をちょっとひっくり返してそのままいただき。
「広く国民に敬われず愛されず、社会に暗い気持ちを与え、希望を奪った業績」と。

政局混乱。官僚の多くはサボタージュを決め込んでいるような。行政は機能不全に陥っているような。

民主党執行部は菅に辞めてもらいたいと思っている。国会が機能すると思ったから。ところがどっこい。野党は逆に菅を辞めさせない。失政をことごとく「私の責任です。謝罪します」と菅が答弁しても、じゃそれはどうするのってとこにはいかない。菅にやっていてもらって解散総選挙。自民失地回復が狙いだとか。

民主は居座り拒否。野党は口とはうらはらに居座り歓迎。おかしな図式が出来上がってきてしまっている。これがまさに政治の実相。

政治家たちの暑い夏。被災地の暑い夏。夏休みでも戸外で遊べないフクシマの子供たちの夏。その極端な「乖離」を嘆き怒り続けることしかできないのか。

「ある意味で」。菅の常套句。意味不明。その「意味」たるものを誰も問いたださないから。だから「あらゆる意味で」菅は国民に大いなる恥辱を味合わさせている。国民は恥辱を受けている。賞を贈りましょうよ。

ショウガナイから。なでしこの佐々木監督のようにオヤジギャグやってもしょうがないけど。

2 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

「国民恥辱賞」賛成!

いつぞやか、「自民党が支持率上昇しないのはメディアのせい」と吠えていたドコゾヤの幹事長居ましたっけ?
メディアチェック担当議員を置くとか置かないとか(爆)

メディアの内容も乏しいのは事実だが、石原さんに問う!
「あなた(自民党)は震災後、いかに素晴らしい功績を残したのか?」

きっと、その答えは、「民主党があーだこーだ・・・」なんて、始まるんだろうなぁ。

結局、全て批判論、自分のこたぁ棚に上げて。カレも同じ穴のむじな、まずソレを自分で認識せんことには何も変わらない。

魅力のある団体であれば、周りから良い評価を得られる
魅力がない団体だからこそ、周りから良い評価は得られない
団体=人の集まる集合体であり、もちろん政党・県議会・市議会・役所をはじめ、会社・NPO・地域組織等まで、様々な分野に関わるのでしょうけど。

ところで、テレビの視聴率がクローズアップされますが、
さて国民の何%の人々がテレビを見ているのでしょうか?
震災後、情報源に私も見ておりましたが、最近は全く見ておりませんし。
まぁ、担当議員を置くくらいだから、きっとそのリサーチも万全なのでしょう。
「国民恥辱賞」という異形獲得を競い合う二人の姿が脳裏に・・・

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
伸晃くんは相手にせず。彼には失望。前歴ご存知?ニッテレの記者だよん。
チェック入れられるんだから、まだまだメディアも大したもんだ。存在価値があるんだから。(笑)。
とにかく「団体」って嫌い。特に嫌なの。「市民団体」。正体不明。菅の献金みてればすぐわかること。
反原発市民団体に「北」の関係者いるかもよ。真夏の幽霊みたいに。

平成最後の追悼の日に。

8月15日が近づくとNHKテレビは「つまらんニュース」を流す局とは思えないぐらいNHKスペシャルなど良好な番組を作り流す。 それらは僕の戦争の記憶、戦後の記憶体験と同化してくれる。 姫路大空襲で逃げ回ったこと。とうもろこし畑に身を埋めてB29の機銃攻撃から身を守ったこと。 ...