2012年1月3日火曜日

「一時間ちょっとだけの苦しみ」

きのう、きょう、テレビで箱根駅伝観戦。マラソンも含めて、ただ人が走っているのを見るのが好きなようです。

東洋大優勝。往路の山登り。柏原竜二くん。やってくれました。新記録付きで。

「僕が苦しかったのは一時間ちょっとだけ。福島の人達と比べたら全然苦しくなかった」。

彼はいわきの高校出身。震災後「ふるさとが被災しているのに、自分は走っていていいのだろうか」と悩みを高校の監督に打ち明けたという。

今年はじめて出会った生身の人間の発する「名言」と。

昔と比べて、スポーツ選手はよくしゃべるようになった。そして、しばしば「名言」を言う。自分の言葉を持っている。持つようになってきた。たぶん、教えられた通りにやれという「教育」から、「自分で考えろ」という教育に変わってきているからだろうか。

練習に苦しみ、もがき、時には自分の行き先さえ見失ったりすることもあるだろう。それを乗り越えて来た彼ら。駅伝でもそう、サッカーでもそう。チームプレーをやってきた人間には他を思いやる心根がある。

そして「走る」ということの意味は「走って来た」やつにしか分からないものかも。

亭主の年ではもう走れない。100メートルも。すぐ断念する。

走り切った若者から教えらることは多い。こんな若者がどんどん育ってほしい。

先人から受け継いだものを次の世代に譲り渡す。世の中の在り方は確かにそうだ。でも、今の大人達は若者に譲り渡す仕方がわからなくなっているのかも。

受け継ぐものがわからない若者達は自分達で考え立ち上がる。政治の世界とて然りかも。
悲しいことのようだが、若者から学ぶことが多すぎる。我々世代は若者に何をのこしているのか。国の借金だけ。そう答えてしまうのも悲しい。

箱根駅伝。亭主の母校すれすれ8位。シード権獲得。最終ランナーは失神寸前でのラストスパート。俺にはあんな根性無かった。

それにしてもー。今のスポーツ選手は皆「綺麗、端正」な顔をしている。イケメンという奴か。草食系男子だっていいじゃないか。その方が人に優しくできる男なのかもしれないし。

高校サッカー、尚志学園が今リードしている。郡山の学校。勝ってほしいな。

走りたいけどもう走れない人たちのためにも。苦しいのはたった90分だけだぞって言いながら応援中。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま

本年初コメント。

「財を残すは下 人を残すは上」朝の散歩道にある宗教団体の標語板。前回の言葉は「愚者は舌を以て言い 賢者は行為を以て言う」でした。
下と愚者が横行闊歩するのが世の常なのかと上り坂を歩きながら考えました。

今年もからから亭愛読させて頂きます。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
初コメント深謝。どこの宗教団体だかしらないけどいいこと言うね。
上り坂、下り坂、まさか、いろいろあって世の中成り立っている。口舌の愚者にならないよう身を引きしめます。今年もよろしく。