2012年7月2日月曜日

「一丁目一番地」

昭和30年代、NHKラジオで毎晩流れていたラジオドラマ。「一丁目一番地」。その頃の“中流家庭”二件をモデルにしたドラマ。
そのテーマ曲は今でも覚えている。

ちょっと失礼、お訪ねします
ここらは何丁目何番地
あちらの角のポストから
こちらの橋のたもとまで
みんなの町です 一丁目一番地
昨日も今日もまた明日も
にこにこ笑って明け暮れる
ここは一丁目 一丁目一番地


消費税政局に明け暮れる永田町。連日飛び交っていた言葉が「一丁目一番地」。マニフェストなるもののことを言っているのだが。
亭主にはNHKラジオドラマの引用としか聞こえない。独創性ゼロ。そもそもの原点はーーという意味で使っているのだと思うけど。
いつの間にかマスコミもこの一丁目一番地を政界常識用語の如く使い始める。

政治家が使った言葉をそのまま当然の常識のように使い、官僚が作った言葉も、そのまま常識として使う。マスコミの不見識。
そして、便宜的にテレビが使っていた「ぶら下がり」て用語を、今度は政治家が常識として使い始める。

民主党にとっての「一丁目一番地」が何かはともかく、民主党は分裂した。小沢が手勢52人を引き連れての離党。残された憎悪。
“昨日も今日もまた明日も
にこにこ笑って明け暮れる
ここは一丁目 一丁目一番地“

なんだべな・・・。

大飯原発再稼働。臨界に。原発無しはわずか二カ月。大飯再稼働は、日本の原発史の新たな一丁目一番地っていうのかい。

きょうから新聞・テレビは「再起動」って表現に舵を切った。野田が言い続けた「再起動」。稼働と起動とどう違う。前に書いたけど。印象として、「起動」って言えば、いささか、後ろめたさが無くなるような。稼働の稼の字は稼ぐの稼の字・・・。

大飯原発に抗議したデモ隊は、盛んにシュプレヒコール。「再稼働反対!」「再稼働反対!」って。政権、メディアは再起動。「カ」と「キ」の一字違いが、非我を埋めがたい「差」かと。「溝」かと。

一丁目一番地の歌が茶の間に流れていた頃。まだ、この国にはいささかないとも夢と希望があった・・・。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
小沢の離党。「矢切りの渡し」♪連れて逃げてよ~/ついておいでよ~/夕暮れの雨が降る/矢切りの渡し~ 親の心に背いてまでも~/恋に生きたい 50人
よっ!細川たかし!
演歌っていいね~何時聴いても・・・。
歌は世に連れ、世は歌に連れ

(今晩も禁酒、地獄だ)

亭主 さんのコメント...

tacoさま
川を渡るのも2人減ったんだね。
今夜はぬるめの燗酒とでも行くかな
(笑)。
なんとも言い難い政局。昔なら血道をあげておいかけていたんだろうけど。
呵々大笑ってとこかな。