2012年7月3日火曜日

「節電」という名の舟に乗り・・・

政局ラプソディーもとりあえず沈静化。大飯原発3・4号機もめでたく(笑)再稼働。雨の中、大飯に集結した400人と言われる人たちは、今はどこで何をされておるのか。何を思っておられるのか。ネットを含め、いろいろな映像を見せていただいた。語るまい。恣意的な映像、切りとられた映像で、全体を語れるわけも無く。

一つの“騒ぎ”が行き過ぎると、次の騒ぎがやってくる。メディアは話題として提供する。

節電、節電、節電。

それに異を唱える人はまずいないだろう。誰もジャブジャブ使えとはいわないだろう。

でも、一年半前まで、電気は無尽蔵にあるかの如く錯覚していたこの社会構造。
さってばさでは変わらない。変われない。

だから「反原発」を過激に言っている人たちもどこかで腰が引ける。市長さんや知事さんだって。

すくなくとも電力供給量は、誰もわからない。その実態を。

テレビが向ける目先。例えばー。大阪のくいだおれ人形。動かすのをやめたといえば、取材陣が殺到する。使用電力量は電球一個分だと店の人が明かす。

人形が振った旗の効果は絶大なのか。

辛い人たちに目を向ける。病人や食品を扱う零細企業や。それを集中的に見さされると思わず「原発でみいいや、電力を・・」という“錯覚”、悪魔のささやきが聞こえてきそうになる。

太陽光発電、メガソーラ。広い場所にならんだパネルの中から顔を出して、まるで昔の映画、フィールド・オブ・ドリームのような様でしゃべっている。
太陽光発電システムを取り入れた家庭の電気料金の推移や、買い取り価格制度生かしての小銭稼ぎを紹介している。

それらを褒めそやしたら一転。省エネ詐欺や太陽光発電詐欺、詐欺まがいの犯罪を紹介・・・。

大方の人は混乱しているんです。

昔は「火事場泥棒」っていったけど、人の弱みにつけ込むとんでも無い奴らの群れも。

去年、津波に流された現場からも、例えばATMこじ開けて現金を盗んで行った奴らがいた。多くの国民が被災地に心を寄せているときに。

無人地帯になった避難地域でもねこそぎ「財産」奪われている。仮設には「東電への請求代行します」となにやらカネ儲けにやってくる東京のNPO名乗る人たち・・・。

この国、ほんと、どうなってしまっているんだろう。

悪人話はともかく、この国のエネルギー政策、中長期計画。それがまとめられなければ、それへの道が描かれなくては、「指針無き電力」で、混乱には拍車がかかるはず。舟の航路も定まらない。

0 件のコメント: