2015年1月27日火曜日

「テロリズム」という言葉・・・。

なにも大仰なことを言うつもりではないが。

21世紀と言う時代は、テロリズムと向き合う時代になったということだ。

「イスラム国」によるテロ、テロという。僕もそう書いている。しかし、よく考えたら彼らはテロリストであり、思想としてのテロリズムに該当する集団なのだろうか。ふとそう考えた。

ちなみに、それが万能では無いという前提をおいても広辞苑にはこうある。

テロ・テロル・テロリズム。テロとはテロリズムの略語ということ。
テロリズムとは・・・。

① 政治目的のために、暴力あるいはその脅威に訴える傾向、その行為。
暴力主義。

「イスラム国」のやった行為。湯川さんを殺害し、後藤さんの身柄を盾に、最初は身代金、そしてヨルダンに収監されている死刑囚との「交換」。
そこに政治目的というのがあるとみるかどうか。

日本を始め、ヨルダン含め、アメリカなどの政府を混乱させている。政府を相手にしている。それは政治目的だろう。

が、やっていること言っていることは単なる集団殺人者、その集団、犯罪集団ということかもしれないと。

② 恐怖政治ともなっている。しかし、彼らは政治としての恐怖ではない。少く
とも他国に対しては。

テロ・・・。“体験”したテロは山口二矢による浅沼稲次郎の刺殺だった。

そして歴史の中では水戸藩の浪士による井伊直弼殺害、桜田門の変か。事例として挙げれば。

「テロルの決算」という本がある。ノンフィクションライターの沢木耕太郎が山口二矢の事を書いた本。1年間の取材を積み重ねて書きあげた「テロル」の根底、底辺にあるもの。
昭和53年に書かれたものだ。

桜田門外の変は、幕末期の開国か攘夷かをめぐるものだった。一言で言うなら。テロという言葉が無い時代。「変」と呼ばれてきたが。

「オウム事件」もテロだったのかもしれない・・・。

テロリズムを是認するものではない。「イスラム国」なるものをテロ集団と見るかどうかはともかくだ。

僕の中に「テロ」という言葉が芽生え、内的なテロリズムの衝動にかられた時がある。
2011年3月後半から4月以降の、この国の、国家としての有り様、右往左往するだけでなんら有意な対応を、国民を守る政治をとれなかったあの時の政府、そして「福島」をいわれなく悪しざまにいう人達の群れを見た時だ。

原発事故はテロではない。人がその意思をもって起こしたことではないから。
しかし、あの事故は、「カネ」を、経済成長という美名の中で「平和」というまやかしの言葉で人心を惑わせて作られた歴史の中での、「見えざる手」によってのテロだったと言えないことも無い。

その後遺症は大きい。未だもって。

今回の「事件」でも、政治は有意に作用しているのか。表面はともかく、手の打ちようが無い混乱に為政者たちは陥っている。
この国において、「外交」は働いていたのか。

2011年、2015年。どこか重なる。2011年当時、欧米からのさまざまな申し出があったことを含めて。

そして、21世紀のテロは「諜報戦」とも「情報戦」ともいわれる。日本の動きはあの集団には筒抜けだ。

あの集団に対して、日本がどのような「情報戦」を仕掛けられるのか。
国内の情報統制に走っているだけではないのか。

思いつく事象だけを列挙しているみたいだけど。

脈絡なく、太平洋戦争時の「東京ローズ」、米軍兵士の望郷の念、情感に訴えたあの唯一ともいえる“情報戦”のことが浮かんでくる・・・。

2 件のコメント:

yuu i. さんのコメント...

肯定的な言葉として「パルチザン」「レジスタンス」という言葉があります。
反して「ゲリラ」「テロ」というと悪のイメージが強い。
要するに体制(ここではアメリカ・イギリスを筆頭とする西側諸国か?)に都合の良い武装集団は「パルチザン、レジスタンス」で、抵抗勢力は「ゲリラ」「テロ」となるのか?
同じ抵抗運動でも立場が変わればずいぶんイメージが変わる。と言うより変えられている。
それよりも、なぜそんな抵抗運動が起きているのか?そのことに目が向けられることは少ない。
抵抗には「不当な弾圧」という背景が必ずあり、それを引き起こしている原因の多くは体制側にあるといえる。
「テロとの戦い」とかっこいい言葉で弾圧を過激化しているが、それではますます「テロ」も過激化することは目に見えている。
そろそろ、別の道を考えても良い文化程度を指導者たちにも持ってもらいたいものだ。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

yuu i.さん
コメントありがとうございます。

パルチザン・レジスタンス。いずれも「抵抗運動」として言葉でしょうか。
ゲリラは「戦術」ということでしょうか。ベトナム戦争に見るごとく。

その時代、その出来事で呼び方は変わってくるとも思いいます。

浅沼事件は、けれは体制では無かった。でも、刺殺行為をテロとされた。

おっしゃるように、なぜ「イスラム過激派」んる組織が生まれたか。
われわれはそれをもっと深く考えねばなりませんね。ありがとうございます。