2011年7月31日日曜日

「村人」たちはお金持ち

デジタル村なんて変な「村」を勝手に作って書いてしまったけど・・・。ついでにもう一発。僻み、嫌味の一言を。

原子力村の方々はどうもお金持ち。電力会社の方々は高給をはんでいる。その給料の一部が「政治献金」に化け、自民党に流れている。欲張りというか欲の塊というか。退職金や企業年金も手放さない。

電力は人間の欲望の象徴。電気を作っている人たちもどうも欲が強く。
村の周辺住民である学者さんたちは、事故後こぞって本を書く。テレビに出る。
危険、危険を手のひら返しのように言う。印税で儲かる。金持ちになるはず。

多くの難民を出し、明日の生活もままならないような人たちを大勢作って、貧乏な人たちをつくって、自分たちは金を持っている。

東電OL殺人事件。彼女は社内でエリートだった。高給をもらっていた。それなのになぜ体を売っていたのか。「村」の闇に心は病んで行ったのか。

地デジ村の住民もおしなべてお金持ち。
すべてのテレビ局の幹部の方がそうではないようですが。

カネがあればなんでも出来るみたいなことをほざいたホリエモンと株の取り合いをして勝ったテレビ局。その会長さん、どうも年俸は1億7千万円とか、社長さんも1億4千万円とか。韓流ブームなんたらでタレント切った切らないはともかく、震災後の番組は見るに値わず。
しかもこの会社の株式。電波法の上限20%を越えた外国人株主。

作り出す番組、商品はお粗末な限り。こころの汚染をまき散らすようなものばかり。

デジタル村は「地デジ難民」なる人たちを作り出す。アンテナ建てられない、チューナーすら買えない人もいるし。

「村」は金持ち多く、“欠陥商品”作り、社会への影響大きく、難民を生み出す。
なんとなく共通点があるような、無いような。

「格差社会」なんて言い古された陳腐な言葉は使いたくないけど、なんか納得いかない村社会。

原子力村や地デジ村には大きく官僚が関与している。多くの官僚の実態。民主政権の欺瞞。天下り。天下り。下る、下る。退職金はいかばかりなりや。おそるべし「霞が関村」。

復興予算めぐっての財源論。飛び出す増税論議。
官僚OBの大学教授曰く。「高齢者は金持ち。その金を出してもらって。例えば国債かってもらうとか」。え、そうなんですか。高齢者は金持ちなんですか。

たしかに多額の資産持っている人たちいます。だけどそれらは、これら村に居住していた人が大半。1000分の一、いや一万分の一以下。

大方の高齢者は、被災地の高齢者はほとんど貧乏。ひとくくりで物を論ずるのが、やはり元官僚の官僚たるゆえんかと。

基本的に年金生活者の亭主。わずか数百万の貯金取り崩し生活。折に触れ明日を思い煩う身。

金持ち見ると腹が立つことしきり。市民運動家であったはずの菅。いつの間に金持ちになったのか。なんで北朝鮮関係団体に数千万もの「献金」出来るのか。

0 件のコメント:

「ブラックアウト」で思う事

きょうは真珠湾奇襲、日米開戦の日だ。そんな日であることを承知の上で。 「ソフトバンク」が通信障害を起こした。4時間余りか。携帯は不通になった。 4時間、社会生活は混乱に陥った。 冗談で言うなら、白戸家のお父さん犬を唐草模様の風呂敷に包んで“幽閉した”かだとも言いたくなる...