2011年12月30日金曜日

年の瀬雑感 その二

多分、今年最後の「仮設」詣で。東京から送られて来た手編みひざかけを持って。到来物の品々おすそ分け持って。

仮設に配られたゼンリンの住宅地図。その地図見ながらの「ふるさと談義」。

「オレのところの村長は立派だぞ。きのう全戸を回って挨拶していった」。どこか誇らしげ。信頼されている様子。垣間見たリーダー像。

そして向けられる永田町への厳しいまなざし。

慣れ親しんだ犬が飛びついてきました。抱かれると「もう放さないよ」ってな具合。この犬はよかった。連れてきてもらえたから。

「強制避難」させられた地域には多くのペットが残されたまま。この寒さ。どうなっているのだろう。それを思うとやり切れない思いの飼い主。

明日夜にはカレンダーを変えるという。年が明けるとすぐ3月がくる。3月は来てほしくないと病み上がりのじいちゃん。
ひざかけ肩にかけてピースサインのばあちゃん。

「原発反対って言わない人は、皆、おいしい思いをしている。森永さんもおいしい思いをしたんでしょ」。俳優の山本太郎。ヒーロー。一部メディアの。テレビ朝日が会う夜福島からやる朝まで生テレビ。それのパネラーにもなっている。

「おいしい思いなんかしてませんよ」。苦笑する森永卓郎。昨夜のTBSの番組。

決め付けての議論、持論。なんだか怖いこの国の今の空気。

「人の心と科学の距離」。きょうから始まった朝日新聞の連載。「リスク社会」にあった言葉。

放射能が列島を分断する。不安は家族をも分かつ。人々は福島を避ける。不安と科学はすれ違う。そして、歴史は繰り返す。この「リスク社会」という特集に断片的にちりばめられた言葉・・・。
天使人語にちりばめられて言葉のいくつか。「放射能もはっきりしてくれ。進む覚悟が決まればがんばれる」。避難している人の言葉。「何でも絆でくくると。収まりのいい物語になってしまう」。作家の言葉。「長期戦に入り、みな疲れている・・・人生はマラソン、頑張らない時間を作り、エネルギーを蓄えたひとが勝つんです」。作家で医者の言葉。そして倉本聡「日本と言うスーパーカーに付け忘れれた装置が二つある。ブレーキとバックギア」。

歴史は繰り返す。
「戦争時、強硬派は戦争を知らない若手が多かった。今こそ昭和と向き合う必要がある時代」。俳優の役所広司の言葉。またも思い出すブスマルクの至言。「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」。

絆でくくるな。孤族でくくるな。リスクで括るな。この歳末風景。一つの言葉ではくくれない。いくら言葉を使っても語れない。

読み始めた糸井重里の「できることをしよう」。瓦礫に中を走るクロネコのクール宅急便。川内村を書いた作家、たくきよしひろの「裸のフクシマ」にあったほぼ全村避難の川内村をクロネコのメール宅急便が走っていた。一通のメール便を運ぶために・・・。

普通でなくなった今の社会。だから普通の話が胸を打つ。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま

あのクロネコメールの運転手の言「届ける手紙が一通でも、あれば届けます。使命ですから」
当たり前の使命を忘れてしまった放棄してしまった人の何と多いことよ。
当たり前、普通のことをやればニュースになる世の中。喜ぶべきか悲しむべきか。
常識、良識、見識の歯車が噛み合わない社会の行く末は・・・。

今夜の晩餐会。福島から贈ってもらった絶品ヨーグルトを5家族総勢14名で分け合って楽しみます。感謝を籠めて。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
クロネコは受取人目線。支払者目線ではないとか。配送一回100円の寄付は30億位になったとか。世の中いろいろとしか言いよう無しだね。ま、飲んで食っていいお年を。