2012年9月14日金曜日

「言葉」について

昼のテレビニュースで、自民党の総裁選候補者が、なにやら大声で言っていた。喋っていた。誰が何を言ったのか。何も伝わってこない。なぜか。そこには「言葉の力」が無いから。力とは大声を言うのではない。本当の自分をさらけ出し、心に響くものがあってこそ、人に伝わるものだから。
多言を弄している。でも伝わらない。なぜか。それは、それらの言葉がある意味“荒唐無稽”であり、その場しのぎの“ウソ”であることを皆見抜いているから・・・。

政治家は言論の府に身を置くものである。たとえば、本会議の演壇に立って、古い言葉だけれど、「声涙ともに下る」演説をしてこそ、政治家の真価が問われた。洋の東西を問わず。歴史に残る名演説、名言があった。たとえば、リンカーンの独立宣言、ケネディの就任演説・・・。

決してアジテーターとしての評価では無い。

日本の政治家の言語力は著しく低下している。それは、国語教育がおろそかにされてきたせいだろうか。世相に迎合している故なのだろうか。

「政治生命をかけて」「全身全霊、身をとして」。もういいよ、そんなお言葉の羅列は。

例えば書道家、書道にいそしむ人たち。文字にされた言葉を書く。与えられた文字を模写しているだけか。もしそうならば、それを見た人に何ほどのものが伝わるのか。上手いだけでは伝わらない。
それが、与えられた言葉であったとしても、その意味を理解し、自分の中で、その言葉を生んだ人の心中を察し、咀嚼し、墨の筆に万感の思いを込めて、そこに自分の感情を込めながら、ぶつける。

見られるものは、見るに値するようなものにしなければならない。

政治家の言語力の低下、貧困。

昨日、麻生太郎が言った言葉に「私の渡世では・・・」と言うのがあった。その後に仁義というのがあったかどうかはしらないが。少なくとも渡世という、いわばヤクザ言葉を政治家が公に使うのはいかがかと。この「いかがかと」、これも、政治家が常用する曖昧語。あえてそれを・・・。

石原伸晃が「サティアン」と言った。そのテレビ番組は確かに見ていた。
「原発事故後、郡山に行きました。校庭に剥がされた土が積んでありました。そのまま放置してはいけない。東電の原発のサティアンに持っていくべきだ」。
そんな要旨。

サティアン。それはオウム事件で“有名”になった名称。“化学兵器”を作っていたところ。いわば”オウム“の悪の象徴。それになぞらえるとは・・・。忌まわしい言葉を引き合いに出すとは。サティアン、それのもともとの意味は聖地。

ノブテル発言にミノモンタも、毎日新聞のヨラ記者も、その他のコメンテーターも何も反応しない、しなかった。なぜだ。

ノブテルは元日本テレビの記者。勘違いでしたという言い訳で済ませようとする卑怯さ。その言をなんとも思っていないようなTBSの番組。

「テレビの合わせ鏡」のように見える。


ノブテルが言った校庭の汚染表土。郡山の薫小学校のことだろう。線量が高かった地域の小学校。市長が一番初めに指示した“除染”。その土をどこへ。河内(コウズ)というところにある郡山の産廃処理上に運ぶ計画だった。その処理場の周辺住民は猛反対した。実力阻止も辞さない構えだった。

行き場を失った土はビニールシートに覆われたまま、今でも校庭にあるはず。

岩手、宮城の瓦礫処理の問題は、今日は問わない。言わなくてもわかるはず。

「自分さえ、自分たちさえ良ければいいんだ」。こんな簡単で馬鹿げた言葉が、“力”を持ってきてるような。

今夜も明日も明後日も。テレビはマスコミは政治家の“無意味な言葉”を流すだろう。嫌だけどなるべく見る、聞く。そして耐える。

最後に一言。亭主は言葉狩りをしているのではありません。理非曲直を言っているのです。

2 件のコメント:

ぐらちゃん さんのコメント...

 半世紀前、ケネディの演説に震えた。言葉の力に感動した。
 いまの日本の政治家に決定的なのは、強い意志や熱情がみえないこと。
 政治家は本来その国の人的財産そのものなのだが。
 民主党の候補者はいまだに昔の素性を引きずり、その口から出る維新の会批判は何もなし得なかった自己弁護の裏返し。
 自民党の候補者は、肝心なところでは、政権政党でないからなどの逃げばかり。オール二世の、国産太子党。この器では親を超えられないし、山積する内外の諸問題解決の矢面に立てるのだろうか。
「本当に いいんですか この人で」
 維新の会も、今度の選挙で基盤ができたなら、すり寄ってきた連中をばっさり切り捨てる非情苛烈さを持てるかどうか。維新が単なるキャッチフレーズであったなら、支持は急速に失なわれる。
 塩野七生氏がかって「一人の首相で、一つの問題を解決し次に渡すしかない」と書かれていた....

亭主 さんのコメント...

ぐらちゃん
塩野七生の引用お見事。彼女のリーダー論はすごいです。なにせ、一日で成らなかったローマ史を研究しているから。

自民も民主もろくなもんじゃないけれど、割って入って人気取りの維新だって所詮はあだ花かと。
嘆いてばかりいてもしょうがないのだけど、行方は見えないけど政治は動いていくのだし。