2012年12月17日月曜日

今年の漢字は「消」だ

昨日行われて選挙。相変わらず「バンザイ~」を繰り返す当選者。古い事が消えた今、古い事を言うようだが、「万歳」とは天皇陛下を讃えるもの。
解散の時の万歳は、それが“天皇の行為」として(もちろん形だけだが)、そう記された憲法に規定によって、紫の袱紗に包まれた天皇の「詔書」が読み上げられることからくるものだから、そこに天皇が存在するから、ま、これを国会議員がどこまで理解しているかはともかく、まあ、許そう。

選挙で当選した人の事務所で行われる万歳の違和感。それだけを抽出して放送に載せるテレビの安易さ。画になる光景として。「万歳中継」、テレビ局の常套語。

今度の選挙結果、一番うまく的を射た言葉で語ったのは、小泉進次郎。その一語に尽きる。
この3年間で自民党が変わったから支持されたのではない。民主党がひどすぎ、新党が新党に見えなかったから。自民党こそ、新党として出直すべきだ」。

古い自民党は消えろと言っている。

民主党は「消えた」。政界の勢力地図として。他にも消えたに等しい政党がある。そして、要職にあった人達も、ことごとく消えた。

かつて「民主党解党の勧め」を書いた身、それに伴って政界再編成も言ったが、自民の大勝のもとではそれもないだろう。

3年前の政権交代。風が吹いた。今度も風は揺り戻しとなって吹いた。吹いた風は気ままだった。自壊作用をもたらし、自民への風となった。
なぜかマスコミは、風は吹かなかったと書くのだろう。彼らの言う“風”とは何だったのだろうか。

議席が消えた、増えただけでは今度の選挙は語れない。

投票率59,3%。戦後最低。多くの有権者が投票所から消えた。

政治への関心が消えた。無関心層が増えたということ。それが意味するものは何か。

自分達は無関心であり、嫌気がさしていたとしても、どこが政権を取っても変わりはないと決め込んでいても、政治はその人たちをも放っておかないのに。

そして、政治から「福島」が「被災地」が消えたような気がする。

昨夜来、当選した人達に無理やり語らせる「福島」は余りにもこころもとない。
具体的に言及した人をみない。語れないのだ。

その政党への“信頼”はともかく、反原発、脱原発への風は消えたに等しい。

福島県からは比例復活を含め、9人の国会議員が誕生している。せめて、彼らは党派の枠を超えて、それこそ、「福島を取り戻す」と言ったような院内会派でも作らないだろうか。

有権者の60%にも満たない「民意」。小泉の言を借りるなら、自民支持は積極的支持ではなく、消極的支持である。ここにも「消」の字がある。そして、消去法による第三極なるものも含めた投票。ここにも「消」の字がある。

政治の舞台から「福島」が消されることを畏れる。

そして消えないであろう、猟官運動がすでに激しさを増しているという。

「消」と言う字に変えるべき今年の「漢字」と。

選挙結果をまだ「消化」出来ないでいる。

2 件のコメント:

mocch さんのコメント...

20:00の時刻と共に瞬く間に大方の結果が見えた昨日の選挙結果。各陣営から流れてくる万歳は誰が誰に対しての万歳なのかわからない。
冷めた目で見ていると小泉進次郎が強い眼力で語ったコメント。夜中の1時までTVを見ていて唯一同感できた場面でした。

亭主 さんのコメント...

mocchさん

だよね。毎度だけどばかばかしくて。

「ブラックアウト」で思う事

きょうは真珠湾奇襲、日米開戦の日だ。そんな日であることを承知の上で。 「ソフトバンク」が通信障害を起こした。4時間余りか。携帯は不通になった。 4時間、社会生活は混乱に陥った。 冗談で言うなら、白戸家のお父さん犬を唐草模様の風呂敷に包んで“幽閉した”かだとも言いたくなる...