2013年12月10日火曜日

「再編」の目的、「普通」の意味。

“政局”ごとがあるとなにかと血が騒ぐ。悲しい性(さが)。それを断ち切って一言。
みんなの党の離党騒ぎ。根底にあるのは党首不信、秘密保護法への懸念だと。
14名の離党が「野党再編」をキーワードにしてどこと組むとかなんとか。
江田の動きは野党再編という視点で見てはなたない。まして、それに加担した人たちも、「野党」のことに矮小化するなよ。

野党再編に何の意義やある。今、この国に必要なのは、“政治”を認めたうえで必要なのは「政界再編」なのだ。江田の覚悟を問う。
自民党にまで、手を突っ込んで政界再編の起爆剤になる覚悟はありやなしやと。

自民党の対抗できる野党勢力の結集。おそらく無意味だ。

渡辺善美のメッキは剥げた。「自民党渡辺派で行こう」と言っていたということが暴露されたのだから。
最大野党といわれる民主党。解党の勧めを書いてきたが、そうすべきだ。改憲論者も護憲論者もいる不可解な寄せ集め政党。発信力ゼロの、そう永遠のゼロのような海江田。

なにやら裏で小沢一郎が画を描き、糸を操っているような気配すらある。小沢だって、渡辺だって、維新のメンバーだって、元は自民の脱藩者。一皮むけば同じ穴のムジナ。

政党助成金目当ての新党っていうけど、みんな政党助成金貰っているじゃないか。

だからね、政界再編、選挙制度、政治資金の在り方含めて大改革しないとだめなんだ。安倍の思うがままになっていく。石破がその好例。10年前に地元の新聞に書いたことと今言っていることとは180度違う。

寄って立つ政治信条が無い今の政治家。

再編という言葉を聞くと、言葉を見ると、思考は、すぐ原発避難区域の再編に行く。あの区域再編の意味は、目的は何だったのか。
要は「帰れない地域」を作り、賠償金を打ち切るための一里塚だったのではないかと。

江田離党が政界再編の一里塚になれるのか。自民党だって一枚岩ではない。
本音を言わない人がいるというだけ。手を突っ込んでみたらいかが。
秘密保護法に疑義を持つ人だっているんだから。


賠償金の問題に関しては、避難者は限りなく、一部から「非難」の対象にされてきてしまった。
一人10万円貰い、車を買い、家賃ゼロの仮設に住み、毎日がパチンコ。それが許されるのかといった具合の。

誰も、することがなくて、つまり仕事が無くて、家事をするにも、それをしてあげる相手もいなくて、悶々としながらのパチンコ。自堕落になり、そんな自分が嫌になり、パチンコ台を見ながら泣いていた人がいた。
その「くだらなさ」に気付き、知り合いのばあちゃんはパチンコ通いを辞めたと僕に明言した。でも、彼女はやることがない・・・。庭の手入れも、野菜の世話も何も無い・・・。

再編とは再建に通じないのか。いや、そうあるべきなのだが。

昨夜の安倍の記者会見。くまなく聞いた。見た。
NHKのアナウンサーは言う。「力強い説明があった」というようなコメント。
あの会見にある様々な誤謬。
説明不足を反省している。丁寧に今後説明して国民の理解を得る。すべての秘密は総理大臣が知ることがでくるのだから、なんら心配することはない。
説明不足と言うなら、なぜ「審議は十分に尽くされた。同じ質問の繰り返しだ」なんて数日前に言ったんだい。

審議打ち切りの直前になって「答弁」で持ち出した、情報保全諮問会議や監視委員会や独立公文書管理監。それらの中身も性格も詳細もどこでも論議されていないはず。
そして極め付け。
「普通の人の生活が脅かされることはない。だから安心してください」。

普通の人って誰を指すのか。秘密保護法案に反対した、多くのジャーナリスト、映画人、文学者、音楽家、意味不明な市民団体、弁護士・・・、それらは普通の人では無く、安倍を盲信している人たちが普通の人ということか。

普通の意味は秘密です。てな具合になるのかな。普通の人と言う言葉に、「声なき声を聞け」と開き直った祖父を見る思いすらして。

「普通の生活に戻りたい」「普通の生活の戻してくれ」。被災者は言う。その普通とはなにか。はっきりしている。3・11.原発事故の無かった3月10日以前だということが。

0 件のコメント: