2011年5月18日水曜日

「国策の被害者」

やっと認めた一つの見解。国の原子力災害本部、つまり菅政権は、原発を国が国策として進めてきたと。そして、事故の被災者は国策による被害者と文書に明記した。歴史に残る((爆))自白。忘れてもらっちゃ困りますよ。

被害者がいるということは加害者がいるということ。文脈読み取れば、常識、加害者は国ということ。

加害者には当然「罰」が「罪」が与えられなければならない。

「最後の最後まで、国が前面に立ち責任をもって対応する」とも書かれている。責任を持って。何をもって責任というか。

もうこの辺になってくるとさっぱりわからなくなる。何をもって罪を償い、罰を受け、責任を果たすのか。

またもや言葉だけが踊って逃げ通すのか。

あげく被害者救済の「工程表」だと。工程表ってのは、そんな言葉は電力が使っているいわば工場の生産工程みたいな言い方。人間は物じゃないよ。者だよ。

国から発せられる言葉には、人間味が無い。そんな言葉使っているからやることにも人間味が無い。

東電の「工程表」見直し。記者会見で手を腰に当て、薄ら笑い浮かべながらメルトとは溶けること、ダウンとは落ちることなんて英語の授業をしている武藤って原子力村の村長。彼の表情からは被災者を思う心情など全く見えない。

あんな人が本店で君臨してる限り、偉そうにしている限り、原発の事故現場で酷使されている人は・・・・。第一の所長よもっと、もっと怒れ。憤怒の河をわたれ。

一過性集中報道が大好きなマスコミ。もちろん現場に行った、ちゃんと取材した、読み甲斐や見甲斐のある記事や番組もあるのだけど。

東京で取り仕切られている全ての事に感じること。他人事。時々ひどいワイドショーや報道番組。他人の不幸を”喜んで”いるような。

きょうは殆ど報じられていない20キロ圏内への一時帰宅の話。きのうは車持ち出しの予行演習(これも変なコトバですね)ネタはあったけど。

最初の一時帰宅の時は群がったメディア。

「犬は玄関につないでおけば県が翌日保護に行きます」。その犬たちがどうなったか。最早報道無し。一過性というか、忘れているのか、ネタじゃないのか。

国策による被害者。その被害者には犬やネコや牛は入っていないのか。立派な被害者だと。オカミを信じて繋いできて、そのままだったら飼い主が加害者になってしまう。

当事務所の隣の女性。NPOの所属してるとか。南相馬に行ってきて犬を連れ帰ってきた。キレイに洗って。新しい名前つけて。「ヒロシ」くんってつけたとか。
雑種。

ヒロシくんがどんな生活をしてきてどんな体験をしてきたかはもちろんわかりません。でも、もう人間にすっかり懐いています。身体をさすってやると道路に上向きになって喜びます。けなげです。

20キロ圏内の犬たち。どうなったんだろう。だれか教えてください。もう一人の国策による、同心円を描かれたことによって生じた”被害者”のことを。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
そうなんです。第一の所長の言葉が皆無です。これは電源全喪失以来。普通は製油所などの事故では所長の言葉が報道されるのに・・・。原子力安全・保安院の話よりもこの人の話が核心を突いている筈なのに。うちの会社グループから百数十人が汚染水の配管工事で働いている。アレバの要請で東電が委託してきたから。2時間交代で何時まで続けられるか・・・。

あさきゆめみし さんのコメント...

今朝のTVで武田先生がおっしゃってました。工程表の見直しをしても日程の変更がないのは最初からメルトダウンしていることを東電サイドではわかっていたので それ用に設定してあったから と。

そう言えば最初の頃、保安院だか委員会だかの人で溶融って言った人がいましたよね・・・・・すぐに後ろのほうから何か言われて出なくなったけど。

あぁ、もうどこまで本当なのか・・・信用できない怖さがありますね。結局国民は後回しなんだなぁ・・・

亭主 さんのコメント...

tacoさま
ヨシダマサオの声が紹介されたのは、間接的に「やってらんね~~」と本店を怒鳴ったこと。それと青山って”研究者”が面談した時だけ。現場から本店へ。過程ですべてフィルターがかけられ。
真の原発現場の様子が知りたいです。テレビは悲惨な過酷な作業員の様子を匿名、顔無し、音声かえて放映。危険を承知で現地に赴いた、行った人達の「気概」や「覚悟」も聞かせて欲しい。救えるのは現場の人間だけなんだから。

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
けっこうあの先生、核心をついたことを時々いいますね。しかも淡々と。とっけひっかえテレビに出てくる学者さん。いかにもうさんくさい奴とか、何を言っているのかわからない奴とか。
そう、はじめの頃記者会見に出てきた保安院の「専門家」。メルトダウン的なこと言ってました。即刻はずされてあのにやつき、にわか広報官。西山カツラくん。ああでもない、こうでもない。操り人形みたいで哀れにも見えてくる。その発言に操られる国民はもっとミジメ。