2012年9月11日火曜日

きょう、ボクはあらためて祈る

酷暑の中、稲穂は黄金色となり、頭を垂れるようになりました。郡山の新米、コシヒカリの収穫はまだ先、来月下旬になりそうです。全袋検査、食卓に上がるには時間がかかりそうです。

きょうは9月11日です。あのアメリカの9・11です。あの「破壊の映像」をまさか忘れてはいないでしょう。

そして、忌まわしい3・11から丁度1年半です。決して忘れることのできないあの日。

きょうは祈りの日にしたい。

突然命を失った、流された1万8千人の以上の人達の死に。流浪の民のようになった多くの人達に日々が、それでも、いくらか平穏であることを祈りたいのです。

警戒区域に指定されている、富岡、双葉、大熊、浪江。お盆の時期を過ぎた今も、一時帰宅の人が絶えない。楢葉の道の駅に設けられた“検問所”には、朝早くから、“住民”が来る。墓参りのために。先祖の墓であり、ペットの墓でもあるという。
祈りの為に。祈るために。

積算線量計と一緒に空間線量計も渡す。「家にいる時もつけていてください」と。その人は静かに答える。「家は流されちまって、無いんだけど・・・」。

祈りの場に、そこを選ぶ。いや、祈る場所はそこしかないのだから。

たぶん、今日も、多くの祈りが捧げられていることだろう・・・。

祈り。いろいろな意味があります。五穀豊穣を願った祈りもあります。祭祀。祈りは願いであり、祭りでもある。

事務所の机の側に、農民作家だった松永伍一さんが書いてくれた書がかかっています。
「折々を 天に謝して生きる」。
祈りの言葉だと思っています。

宮沢賢治が妹、とし子の死に読んだ詩。永訣の朝。その一節。

おまへがたべるこのふたわんのゆきにわたくしはいまこころからいのるどうかこれが兜率(とそつ)の天の食に変ってやがておまへとみんなとに聖い資糧をもたらすことをわたくしのすべてのさいわひをかけてねがふ

願いは祈りなのだ。

たまたま今日は塾の日に重なりました。3・11後も共に泣き、共に語らってきた仲間達。

映画“無人地帯”の話をしようと思っています。なぜなら、あの映画には、一つの「祈り」が込められているような気がするから。

元テレビ屋としての見方を話し、テレビが何を伝えてきたかも含め。そして、映画の中で語られていた言葉の、問い掛けのさまざまについて、映画がなぜ道祖神を撮ったのか、信仰の対象だったかもしれない、いや、日常の中にあった神社への参拝、仏が刻まれた石が発するメッセージも。

「見ることは信じること」という西洋の格言についても。

信じるとは人の言と書けり。故に、信(まかす)と読むなり。
古僧の言をまたまた引き合いに出しながら。人の言が、これ以上悪しざまにならないことを祈る。

東京と大阪では、政争という名の、人呼んで“祭り”が繰り広げられている。その祭りには本来意味する「祀り」「祈り」の観念は無い。揶揄しての“祭り”。

彼れらが発する「政策」というものの数々。そこにはもはや、「福島」はない。原発政策と言う長期的国家目標としてのお題目はあっても。「東北復興」という言葉も無い。
過ぎたこととして扱われているような。

それがどれくらいの真意であり、信念であったのかはわからないが、「福島にやるべきことがあある」。そう言って、代表選を降りた細野に、いささかなりとも信を置く。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま

9月9日のNHKスペシャル。東日本大震災「追跡。復興予算19兆円」
復興は進んでいない。お金はどこに使われているのか。を視聴しました。
所得税の2.1%増税を前提に組まれた膨大な予算、。
このお金にハイエナのごとく集った各省庁の分捕り合戦の実態。

90%は被災地以外(北海道から沖縄まで)の事業、役人の説明では波及効果が期待されると笑いながら言っているけど国民をバカにするのもいい加減にしろ!
一方、被災地の人達が真剣に復興に取り組んでいる商店の持ち主、町医者等々。
この人達には復興のための補助金すら出ない。波及効果が期待できないという理由で。
被災地の現場を見ない被災者の声を聞かない役人共が机上の申請書で 審査したんだ。
理不尽、不条理が白昼堂々とまかり通るこの国の政治。何処まで,何時まで続くのか。
怒りで身体が震えましたよ。

(興味があればNHKオンディマンドに登録、ログインすると視聴(見逃番組をクリック)できます。配信期限は9月24日までですが・・・)

亭主 さんのコメント...

tacoさま
お久しぶり。番組見たよ。ばかばかしすぎて論評する気にもなれなかった。
ネット上でも、番組を評価する声多数。猪瀬直樹なで絶賛。政府への批判はすごかった。

金を出す方も出す方、受け取る方も・・。知らなかったって言ってる人いたけど、ありゃ違うね。

裏のからくり知ってのことと。被災地でも、本当に金が必要な人と、なんか知恵をめぐらして補助金その他いただこうって奴もいるし。

除染事業に至ってはその極致。「焼け太り」目論んでるやつらの多いこと。

政府からカネ貰って知恵つけているのが電通、博報堂。NHKだから出来る番組だたのかも。