2012年9月28日金曜日

「安酒の酔い」。村上春樹は語る

作家の村上春樹が朝日新聞にエッセーを寄稿した。前振りは一面トップ。東アジアの領土問題に関して。

「国境を越えて魂が行き来する道筋」と名付け、いわゆる文化交流の視点からだが。それを塞いではならないと。
長くなるが一部を引用―。

国境線というものが存在する以上、残念ながら(というべきだろう)領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは往々にして出口のない、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑(にぎ)やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。
 そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽(あお)るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。一九三〇年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。今回の尖閣諸島問題においても、状況がこのように深刻な段階まで推し進められた要因は、両方の側で後日冷静に検証されなくてはならないだろう。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。

村上春樹作品のフアンである。彼の著作の大方に触れた。彼の作品は中国でもベストセラーに入る。

なぜこの時期に、いやこの時期なのだろうが、朝日が村上に書くことを依頼し、なぜ村上がそれを快諾したのか。経緯、意図はわからないが。

3・11後、彼の著作を期待していた。知り得る限りでは、彼は沈黙したままだったような。ドキュメンタリーノベルとしてオウム事件の後、ウアンダーグラウンドを書いた彼が、それはどこかで作家の視点から、オウムの本質をついていたような気がしたからか、「3・11とその後」について書いてほしかった。

それはともかく、「安酒の酔いに似ている」。ある意味うまい表現かもしれない。
安酒。戦後、いや、それから10年以上経っても、新宿の西口の線路際にあった立ち飲み屋のような居酒屋。そこで大人たちは毎晩のように安酒を、メチルアルコールのようなものをひっかけ、何やら喚き、暴れ、殴り・・・。
その居酒屋街は、いわばバラックの建物であり、その狭い通りは喧騒に満ちていた。そして退廃の匂いがした。そんな大人たちを、隠れるようにしながら見ていた・・・。

村上エッセーをどう読むか。人それぞれだろう。上手い比喩だと言えばそうだ。メタファと言えばそうだ。メタファ、それは村上が好んで使う言葉。
安酒という一語が、ボクには、戦後の光景に重なる。安酒、その二文字は戦後を語るに足る表現として映る。彼はこの二文字に何かの意味を持たせているのかもしれないから。

もう一つ。作家で僧侶の玄侑宗久が地元紙、福島民放に寄せた日曜論壇の一節も引く。

「全国的にも決して高い線量と言えない会津地方にさえ、風評被害が及ぶ現実・・・。福島と聞けば怯えるこの国の人々が、日本製品は買わないという彼の国の人と、大差なく見えて仕方がないのである」。

その日、その日を、狭い視野で追い、見る者、読む者に的確な判断材料を与えないマスコミよりも、文学者の視点の方が、はるかに鋭いのかもしれない。

かつて、漱石や龍之介がそうであったように。

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

突然失礼します。
私も「卵と壁」のスピーチには感銘を受けましたが、今回のエッセーは疑問です。
安酒の酔いという例えは言い得ているとは思いますよ。
しかしそれで自制を促しているのは日本人に対してでしょうか。
中国人に対してでしょうか。そのことが不明。

また民衆にそこまで言っておいて中国政府には何も言わないのでしょうか。

イスラエル政府を「高い壁」に例えてあれほど非難できるのに、中国政府にはだんまりですかね。

軍事力を背景に島嶼を強奪しようとしている、
現にベトナムやフィリピンでは強奪した中国政府は壁側ではないですか。

叩きつけられる卵になっているのは反日デモ(暴徒)におびえる在中邦人ではないかと思います。
チベットで焼身自殺する人達は彼に言わせると何なのでしょうかね。

結局今回のエッセーは中国政府に媚びたものです。
朝日新聞と組んだのも頷けます。

自分の作品が不買されたくないだけ、とは信じたくありませんが。

亭主 さんのコメント...

匿名さま

匿名の方に議論のような事を持ちかけられても返事のしようなしです。
この種の見解の披歴は匿名社会の人が住みやすいツイッターでどうぞ。

二児の母 さんのコメント...

初めまして。 二児の母と申します。
村上春樹氏の今回の記事に非常に違和感を感じた者の一人です。 

安酒を気前よく振舞っているのは、日本ではメディア+所謂知識人だと私は思います。 新聞に記事を載せたり、TVではNHKを含め放射能=怖い報道、よく分からないコメンテーターに発言させたりと何とも安上がりです。

朝日新聞が村上春樹氏に依頼し快諾したのは思想が同じだからでしょう。 朝日新聞の論説員の主張や読者投稿欄をしばらく読んでいれば分かります。

放射能の風評被害にしてもメディアや一部極端に左に偏った人達によって煽りに煽られたこと、育児に追われる主婦でも調べれば分かります。 

「文学者の視点」というのがよく分かりませんが、私は福島と聞けば怯える国民ではありません。煽られて放射能=怖いとなっている人々は全国でどれぐらいいるのか知りたいところです。 

私は横浜市に住んでおりますが、給食に出される予定だった冷凍ミカンに10ベクレルセシウムが含まれるということで抗議した保護者がおり、冷凍ミカンを見合わせることになったことがありました。

不思議に思い市に問い合わせると約200件の抗議があったとのことでした。 横浜市の給食は20万人に提供されています。 隣の横須賀市に給食の放射能の数値をチェックし抗議を呼びかけているブログもありました。

ブログを運営している教員の方を調べてみると筋金入りの極左でした。 抗議電話200件のうち何件がこのような人達とあまり関わりのない保護者だったのか・・と思います。

私は文学者の視点からではなく、歴史から学び今後どのようにしていくべきなのかを考えたいです。村上氏は歴史は学んでいないのでしょか? 尖閣諸島の歴史ももちろん調べられていてよくことの経緯をご存知でしょうに・・。

村上春樹氏もそうですが、大江健三郎氏といいなぜチベットや東トルキスタンについては言及しないのでしょうか。 亭主さんは村上作品のファンとうことすが、すみません、この一点についてだけでも私は彼らを信用できません。

長々と失礼いたしました。


亭主 さんのコメント...

二児の母さま

わざわざありがとうございます。いろいろ問題提起が多く、何をおこたえすればいいのか迷いますが。

「村上エッセー」に関しては、その経緯に対する疑問点は提起したつもりです。

当ブログを何時からお読みになり、どういうきっかけでお読みいただいたかは存じませんが、風評被害はマスコミが作っている。何回も書きました。
特に「東京」で書かれているマスコミが。

思想の問題を「右」か「左」という括りで捉える事はある意味思考の停止につながります。

官邸前の反原発デモ、経産省や東電前のデモ、社民党の福島瑞穂が先頭に立っている姿を見た時、大江健三郎などの身勝手な言辞を聞いた時以来、亭主も激しく非難しています。

この事もブログに書いています。郡山での実情含めて。

村上文学のフアンであるということと、その思想に共鳴しているかどうかというのは別問題です。

食品の「安全基準」の問題も、おっしゃる通りネットで「嘘」を拡散させているのは共産党系の人だと知っています。

「左」ではなくとも、売名行為の学者さん達もたくさんいます。

安酒論議。それは小生の過去を彷彿とさせるものであった故、そこに引用した次第で在り、別に礼賛したものではありません。

戦争を子供ながらに体験し、戦後を貧しく、それこそ牛乳なんて飲めず、空腹に耐えていた幼少時代へのノスラルジアかもしれませんが。

大江健三郎については前記のこともあり、すべての本を破棄しました。

領土問題を含め、昭和という時代を、もういっかい正しく学ぶ時期なのかと思っています。

歴史に「正しい」ってものは、後世記述されてものにそれがあるかどうかはともかく。誰の書いたものを信じるかはともかく。

数多くの戦争が「領土」と絡んでいることだけは間違いないでしょう。

ま、この辺で。お返事にならない返事とさせてください。

二児 さんのコメント...

亭主様

おはようございます。
ご丁寧なお返事ありがとうございした。
お礼をと思いつつ日が経ってしまい申し訳ありませんでした。

私は気になったことがあると調べてみたくなる性格で、時々書き込みをしております。亭主さんのブログは初めて拝読したので、遡っては読んでいませんが、最近のエントリー記事はいくつか読ませていただきました。

亭主さんが問題提起をしておられるのは分かりました。村上氏の思想信条を詳しく知っていたわけではありませんが、今回の朝日の寄稿を読み非常に残念に思いました。 村上作品のファンの方でもがっかりした人は少なくなかったのではと思います。 

私は右寄りですが、日本でいう「右」「左」と本来の意味である右翼と左翼ではかなり違っていると感じています。 日本の右寄りは諸外国では中道左派ぐらいに入ってしまうのではとも感じます。

でも、仰るとおり、右か左という括りで捉えると思考が停止してしまうことはよく理解できます。 これからも気をつけていきたと思っております。

風評被害はネットもありますが、はやりTVだと思います。 逆にネットは風評被害を覆すような情報も載っております。 リタラシーが必要ですが。

TVに引っ張りだこだった武田教授などは風評被害の拡散させた人の筆頭ではないでしょうか。

武田教授の思想は知りませんが、ブログやTVでの言動からすると、持ち上げられるのがお好きで、筋の通らない方だと思います。 お金も好きそうですし、私は全く信頼しておりません。

小出教授が論文で北朝鮮の核を容認しているのを知り、心から落胆したことも覚えています。

当たり前のことですが私は右も左も関係なく科学的検証を真摯にしてくださる方を信用します。

領土問題にしても歴史問題にしてもそうです。

史実を真摯に検証してくださっている方を信用します。 

尖閣が日本の領土であることは中国共産党にも分かっていますが、今回の強行な姿勢から国内不安が相当なものなのか?と推察しました。

亭主さんは昭和に限定されていますが、私は数十年ではなくもっと長いスパンでみる必要があると考えています。

また長々と失礼いたしました。

二児の母

亭主 さんのコメント...

二児の母さま

書かれていること大筋賛成、同感です。

武田のことも小出のことも散々書きました。テレビのことももちろん。

このブログの如きもの、もう何年も書いていますが、3・11以降はすべて「3.11」に関すること、そして福島の事です。村上春樹について書いたのも、末尾にある玄侑宗久の一文と併せたからです。

「右」「左」、そのうち書こうととは思っていたテーマです。論文書くつもりではありませんが(笑)。

リテラシー、リタラシではありませんが、匿名によるネット投稿には、それこそリテラシー能力を働かせるべきことかと。

あいかわらずどういう方かわからないので、どういう話の持って行き方をすればいのかわかりませんが、相手がわかるツィッターやフェイスブックの方々とはよく議論しています。

時々、コメントをくれるHNはどこの誰だか全部知っている人なので、話がしやすいわけであり。

メディアリテラシーやネットリテラシーについても散々書いてきたことを付記しておきます。

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...