2013年2月2日土曜日

「地の果て」と「辺境」と

涙じゃないのよ 浮気な雨に
ちょっぴり この頬 濡らしただけさ
ここは地の果てアルジェリア
どうせカスバの夜に咲く
酒場のおんなのうす情け

「カスバの女」という歌の頭のフレーズ。昭和40年代、青江ミナが歌っていた歌であろうか。何故か歌詞だけは覚えている。曲も。

不謹慎かもしれないが、あのアルジェリアの日揮の事件が起きた時、この歌が浮かんでいた・・・・。

地の果て・・・。

元日揮の社員で、長くアルジェリアに滞在していた人が語っていた。
あの砂漠の中の宿舎で、仲間たちとよくこの歌を歌っていたと・・・。
歌に託した「望郷の念」がそうさせたのだろうか。

事件後、報じされたアルジェリアの地名にマグレブというのがあった。アラビア語で“地の果て”を意味するのだと言う。

日揮本社に設けられていた献花台がきのうで終わったという。

満蒙開拓団として、満州に出向いた人達も、兵士も、そこは地の果てではなかったとしても望郷の念から、あの満州の荒野に沈む夕日に涙して歌ったという。

以前にも書いた「戦友」というある種の“反戦歌”。

♪赤い夕陽の満州に友の塚穴掘ろうとは・・・♪。

およそ人間は、地の果てと辺境とを「相対」として生きてきているのかもしれない。

東北。それは紛れも無く「辺境の地」である。都会から離れた場所という意味でも。

辺境の地にあるものは、辺境の地から都会に出て行った者は、望郷の念を込めて、それを演歌に託す。

「北」を題材にした、歌詞に入れた演歌のなんと多いことか。最果ての地ともそこは言われて。

地の果てで使命を果たしていた人達がいる。いた。命を賭して。
辺境の地にもそれらの人がいる。

アルジェリアにおける日揮の社員は、その関係者は、開拓者であり、フロンティアだった。
辺境の地も、開拓の地としなければならない。そこをフロンティアとしない限り、そこで失われた命や魂は行き場を失う。

日揮の社長には「真のリーダー像」を見た。東電の社長にはそのカケラも見られなかった。

時々ボクがなぜ日揮にこだわるのか。その現場がアルジェリアであった事も含めて、あの従業員宿舎が、仮設に酷似していた光景だったということも含めて、人の想いが重なるように見えるからかも。

そして、おそらく消えることのない地に果てと辺境という位置づけ。

辺境の民のさすらいは続いている。辺境とはいったい何なのだ。未開の地なのか、差別として存在する場所なのか。

意識や観念、認識を含めて、それを「埋める」使命が、その地の人には託されているような。

カスバという町にはたぶん酒場は無いと思うけど。辺境の地に於いては酒を片手に語り合える事や場がある。語ろうよ。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
そう、あのNHKテレビを観ていて、あの歌が流れたとたん思わず声をあげて泣きだしてしまった。そして涙は止まらず。(東日本大震災で一生分の涙が干上がった筈なのに、まだ残っていたんだ)
昔、アルジェへ向かう仲間を繰り返し羽田へ送り、出迎え、帰りにカラオケや居酒屋で歌った「カスバの女」。壊れたレコードみたいに。帰国する奴等がお土産に持ち帰るのがサハラの砂、結晶の花。高校野球の球児じゃあるまいし。
旧友の通夜式の祭壇には数えきれない白い花が・・・やけに目に沁みて・・・。砂漠に見えたのかも・・・。
手を合わせ「お疲れさんでした」と頭を下げ。

亭主 さんのコメント...

tacoさま

そうだったんだ・・・。
一生歌い続ける歌になったかもね。
俺も家で口ずさむのではなく、機会があったら伴奏つきで歌ってみるよ。
涙って枯れないもんなんだよね。
掛ける言葉もないよね。
痛恨だ、