2013年6月26日水曜日

「トリチウム」って何だい?


子供の頃、ビキニ環礁でアメリカの水爆実験があったころ覚えた放射線の“単位”はキューリーだった。
いつの頃からかシーベルトに変わった。
原発事故後、それにベクレルという“単位”が加わった。

原発事故が撒き散らした放射性物質。最初はヨウ素が気になり、次いでセシウム、その後ストロンチウム・・・。
ヨウ素は甲状腺癌の危険性を招くとされた。セシウムは・・・。ストロンチウムは骨に・・・。

放射性同位元素がいくつあるのか。素人はわからない。何がどう作用するのかもわからない。ただ、「放射能」「放射性物質」ということだけでおびえる。

おととし、盛んに言われたたとえ。「これくらいの放射性物質ならばレントゲン検査の何回分だ」「CT検査の何回分だ」。
例えに使われたレントゲンやCTを“拒否”する人達もいた。今でもそうかもしれない。

癌の放射線治療。なんという名の“元素”が使われているのだろう。害を及ぼす放射性物質と治療に使われる放射性物質。

食品検査が始まった頃から使われだしたN.D.「not detected」の略。未検出。
NOではない。NOTだ。未は「未だ」とも読める。
一定の基準値以下っていうこと。完全に放射性物質が無いということではない。

NDは食品を扱う人たちの間では「日常外国語」になった。

そして、先日1Fの港湾内の海水から検出されたトリチウム。以前からその“物質”は検出されてはいたが、濃度が高いという。
あの汚染水除去装置の「アルプス」でもこれは除去出来ないという。

で、このトリチウムなるもの、水素の放射性同位体、天然にも存在するが、原子炉の冷却水で生じるという。水として存在するため、セシウムのように吸着させて除去するのは難しいと。

体内に取り込んだ場合でも比較的早く排出される。

この4行、新聞記事の引用。トリチウムは海にある。魚にどう影響するのか。
体内に取り込むとは魚を食べた場合なのか。どういう危険性があるのか。比較的早く排出されるとはどういう状況を指すのか・・・

さっぱりわからない記事。

どっかには「トリチウム」なるものについてのわかりやすい解説記事があったのだろうか。素人でもわかることはただ一点。大気中に拡散されたものではないということだけ。1Fの中に、その近くの海中から検出されたということだけ。

体内吸収とはどういう状態で起きるのか・・・。

これからは学校教育のカリキュラムの中に、放射線のこと、原発のことを盛り込まなければならない。少なくとも放射性物質のことをきちんと教えなければ。

原発事故は福島で“終わった”わけではない。再稼働。いつ、どの原発で起きるかわからない事故。その時に備えて「正しく知っておく」。それが大事なのだと。
放射線について世界一詳しい子供たち。それが日本の子供たちに要求される時代・・・。

「正しく知って正しく怖がる」。事故後言われた言葉。正しく知らせるってことは、わかりやすいって意味も当然含まれると思うのですが。

3 件のコメント:

まちりの さんのコメント...

私も探してましたが次が参考になるようです。

http://mixi.at/abr1SG4

亭主 さんのコメント...

まちりのサン

ありがとうございます。きちんと報道しないメディアへの警鐘です。

しおさま さんのコメント...

トリチウムを除去する、地球上でたった一つの方法があります。

それは、政府がケッシュ財団から受け取った技術を公開することです。

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

政府はひたすら隠蔽していますが、このケッシュ財団から受け取った技術だけが、地球上の全てのトリチウムをも浄化できるただ一つの方法でしょう。

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...