2013年7月25日木曜日

選挙から消えたあのカタカナ語、そして・・・。

誰も奇異に感じていなかったのだろうか。選挙前も選挙中も、選挙後も。
民主党が政権を獲った時、ネコも杓子も、政治家もマスコミもこぞって使っていた。

「マニフェスト」「マニフェスト」。その大合唱。

マスコミが名付けた「マニフェスト選挙」なる奇怪な呼称。あげく「アジェンダ」だとか。鶏冠頭のお調子者が。

マニフェストなるものが与野党問わず作られ、本編や概要も。あげく長妻厚労大臣は登庁時、職員を前にその冊子を掲げ、「これが私の考えだ。よく読んでおくように」。

あの時も、このカタカナ語の乱用、濫用にずいぶん文句を言った。どこの国の選挙だと。

なにせ“舶来志向”の日本人気質。というわけでもないだろうが、新し物がりやってことなんだったんだろうか。

3年前の選挙後の国会でも、マニフェストという言葉が飛び交い、それに違反したとかしないとか。

政治家様やそれを取り巻く党職員、政策秘書なる連中。

カタカナ語を使うことで「新しい時代の到来」とでも思っていたのだろう。

なにせマスコミが諸手を上げて、カタカナ選挙に加担した。

そして・・・。
今回の参院選。マニフェストなんて言葉は登場しなかった。政策とか公約とか。
それらの中身はともかく、「日本型選挙」を“取り戻した”。

アジェンダと叫んでいた人は「理念」と呼び名を変えた。

しかし、新たなカタカナ語が登場して。
アベノミクスとか、ネット選挙とか。

アベノミクスの“正体”は未だわからない。でも、あの時のマニフェストなる言葉に酔いしれていた国民は、中身も判然としないアベノミクスという言葉を“好んで”使っている。

ネット選挙解禁。一番悪乗りしたのがマスコミ。未だに、ビッグデータなどを使って解析に余念が無い。ネット、ネット、ネット。
その“価値”や“意義”を無理やり構築している。

多くの事例は上げないが、ネット選挙運動が行われても、投票率の向上にはつながらなかった。

「ネットで、ワンクリックで、ポチとなで投票できるなら選挙の参加したと思う」。若者は言う。そうなのだろうか。

どうも、かなり昔から、マスコミは「日本語」についての定見が無いようだ。
新聞用語事典なる冊子はあるものの。

テレビのデジタル化。高画質に加え、言われたのが「双方向」。双方向の典型はネット。“視聴者参加”と銘打ったわざとらしい番組。
いいんだよ。テレビは一方通行で。送りぱなしで。

テレビのデジタル化という「国策」が、ネット選挙にまでおよび、意思表示の場をネットに預ける。そんな「社会システム」が考えられていたのだろうか。

TBSの夜中のニュース番組。“ツイッター問答”なるコーナーがある。寄せられてツイートを紹介するだけのようなコーナー。問答にはなっていないし。

ネット信奉派と懐疑派のおおいなる「乖離」。

マスコミの悪癖。役所や発表者の言葉をそのまま使うこと。それを使わないと「知らない人」にされてしまうという“恐怖”。

読者や視聴者は無関係。
なにを、こんなことをいまさらと思われかもしれないが、「3・11」後、少なくとも原発事故に関して、さまざまなカタカナ語、役所用語、電力会社用語の、わけのわからない“学者”が使う「業界用語」に翻弄された。

そんなカタカナ語に始まる「専門用語」は、勝手に解釈され、いい加減に流布され・・・。

「相手を、人を煙に巻くときは、わざと難しい言葉を使えばいいのさ」。そう“教えて”くれた高級官僚の顔を今もよく覚えている。その相手の中には政治家も入っていた。

サミットという言葉のフルネームを意味をどれだけの人が知っているのだろう。
GDPのフルスペルや意味をどれだけの人が知っているのだろう・・・。


日本語を取り戻そうぜ。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
アメリカ合衆国第33代大統領のセリフ
"If you can't convince them confuse them"
日本人はConfuseに弱いのでは・・・。

亭主 さんのコメント...

tacoさま

トルーマンの言葉ですかな。confuse the issueということになるんでしょうか。煙にまくどころか混乱に拍車ってことでしょうか。ぼかすのがお好きなんでしょうか。いえいえ”博識”があるっていいたんでしょうか。混同より同化を。

憂しき世の憂しき事ども

日本は少しずつ衰退していっている感がある。 その一つは、あってはならない“虚偽”にこの国の姿が反映されているという事である。 「毎月勤労統計」の不正調査問題。あまりにもおぞましい。 勤労統計は国の基幹統計とされている。賃金などを毎月調べ、その統計数字が例えば雇用保険の金額...