2013年7月27日土曜日

「1ミリ」という数字の意味

1ミリ、1ミリシーベルトのことだ。放射線量。年間の被ばく線量の数値。
年間1ミリシーベルト。毎時換算で0,23マイクロシーベルト。

その「1ミリ」という数字に、福島県民の毎日が“規制”されている。いや、“翻弄”されていると言ったほうがいいのかもしれない。

30キロ圏内にあった田村市の都路地区の一部。当然、あの事故後、“強制避難”させられた。

その地域は避難指示解除準備区域となり、来月からは宿泊可能になる。そこが“除染”されて線量が低下したのか、自然に低下したのか、もともと低かったのか・・・。30キロという数字によるものなのか・・・。

国は職員20人余りをそこに宿泊させ、線量を測った。屋外に9時間いた人が1,6ミリシーベルト。屋外に2時間いた人は0,4ミリシーベルト。

郡山でも、そこと変わらない線量の地域もある。

郡山でも延々「除染作業」が遅々としながら進行中だ。高線量地区とか低線量地区とかの区分けは無い。行政区画単位に“もれなく”・・・。

原発事故後言われた被ばく線量の基準。最初は20ミリシーベルト、しばらくして暫定基準値としての5ミリ。そして最終結果は1ミリ。ICRP、国際放射線防護委員会の言っていた最低基準。

1ミリシーベルト。その数字の重さ。除染の基準値はどこでもここでも1ミリ。

1、5だったら、3,0だったら・・・。実は誰もわかっていない。正解を知らない。

空間線量だけを言うなら、一昨年の数値を言うなら、避難してきた川内村の一部よりも郡山の方が高かったはず。

常時宿泊が可能になる都路のその地区。住民は国から貸与される個人線量計とデータ読み取り機を常時携行することになるらしい。

1ミリシーベルトの“呪縛”が定着した中で、全住民が常時宿泊に応じるのか。

もう一つの数字の問題。100ベクレルという基準。食品の安全基準値。

放射線の無い世界なんてどこにもない。

川内村の農業をやっている人が書いていた。乳牛用の牧草。隣の草地から100ベクレルを少しだけ上回るセシウムが検出された。そこの牛乳組合が設けている自主規制値は30ベクレル。使えない牧草を刈るというむなしい作業が続いていると。

もはや、こと原子力、放射性物質にかんしては、それが国際的な権威がある機関の数字であても、「すでにして権威に信頼を失った人たちは、数字を信用しない。

数値の中での生活、“監視”されながらの生活。補償とか権利の問題ではなく、被害が出るか、出ないか。因果関係がどうなるのか。自分なりの判断基準を持った人、持てない人、たぶん、大量に被ばくしているであろう原発作業員。

爆発事故から2年半になる。1ミリシーベルトと20ミリシーベルトのはざまで、福島の人たちは暮らしている。そして数字は、問題をより複雑化させ、数字が人のこころを壊しさえもしている。

早期帰還は政府の“陰謀”と言っていられる人がうらやましいかも。そうかもしれないが、時の経過はより深刻であり、複雑になる一方なのだ。

福島県民でも、「何もかんがえていない」ように見える人たちもいる。だから余計に複雑なのだ。


「反」とか「脱」とか言って“正義”を語っている人たちとの間には、埋まらない溝が増えてきているという実感。

2 件のコメント:

まちりの さんのコメント...

アメリカのデンバーなど数ミリsvの所で大勢の人が
問題なく暮らしていて、福島の新聞も書いてます。
それなのに反原発などの連中が不安を煽っているのです。
あの連中の目的は何なのでしょう。

書かれた「恩送り」を、あるSNSで紹介しましたが
誰からもコメント無しで失望しました。

亭主 さんのコメント...

まちりのサマ

煽りやデマの人たち、理解不能です。単なる愉快犯か売名行為とでも。

紹介ありがとうございました。無反応はちょっと悲しいですが、紹介戴いたことに感謝です。
「無関心」な人、何も考えていない人が多いんんです。今の時代は。そう思っています。

「猿芝居」のいくつか

もう七月。「思う」ことはさまざま為れど、書けない、書く気にならない無力な日々。 政治が世の中の動きがあまりにもバカバカしすぎているから。 トランプと金正恩の板門店の「会談」を見て、思わず“猿芝居”という言葉が浮かんだ。トランプが猿に人相が似ているというわけでも無いが。 ツ...