2013年7月29日月曜日

福島と「反原発」は交差しない。

昨日から福島市で原水禁世界大会が開かれている。

15万人もの人たちが「避難生活」を送っている。高線量が主たる原因で、もといた家に帰れない人たち。少なくとも「原発被災」にかかわる双葉郡や飯舘など9町村。そこの帰還困難区域に指定されている地域。

「もう帰れない」。「帰らない」。そんな決心をするべき時期にきてしまったようだ。

福島の、いわゆる原発立地地域。そこは「原発で潤った町」だ。「東電さん」のお世話になった町や村だ。原発が出来る前は、基本的には貧しい地域だった。
いまさら能書きたれても仕方ないが、貧しさは悪魔を味方だと思ってしまう。ダメだとわかっていても“悪魔”を受け入れる。

日本地図をちょっと俯瞰してみてくれればいい。原発がある地域は、基本的には貧しい土地だったということ。
札束をちらつかせれば、それに“なびく”。その他の地には、それを責める人たちがいる。

原発が出来る前から、いや、明治にさかのぼっても、もっと以前からかもしれない。過疎という言葉では不十分だ。
あえてこの国土の中に、中央権力は「貧しい地域」を、なかば“無意識”に作ってきた。
それが「原発エネルギー政策」の標的にされた。立地地域は原発で栄えた地域なのだ。歴史的事実として。

その“負の歴史”を福島県民はどこかで肌で感じている。

被災者の誰一人として原発にはこりごりしている。しかし、原発で収束作業にあたっているのも被災者。「東電さん」にはお世話になっているという感情がある。
賠償金を受け取りながらも、それにためらいを覚えながらも、後ろめたさを感じながらも、受け取っているという根源的苦悩。

それがわかっているから、東電はなお、カサにかかったように福島に接してくる。
「ばかにするんじゃめえよ」と思いながらも、怒りをぶつけながらも、折り合いをつけようとする。
再稼働で揺れる立地他県。「原発がなければ生活が出来ない」。それも本音。

自己矛盾には気付いているにもかかわらず、無理やり安全だと信じ込もうとする心情。

東京で行われている反原発運動。それは、参院選で二人の反原発運動家を当選させた。
「福島の農産物は食べるな、福島には人が住めない」と言い切る人たちを。

「賠償金で農家を補償すればいい」そんな短絡な思想で「福島」を語る人。

そんな次元じゃないんだよな。農家は土への愛着が違う。金で買うものではない。そんな心情は意にも介されない。

反原発運動と、そう、運動としての反原発と、福島の原発観。それは交差しないものなのだ。原水禁大会に来た人たちにそれが届くかどうか。

反原発運動の人たちが、それこそ「歴史」を学んでいてくれれば、ちょっとでも知っていてくれれば、「生きる」ということの根源を理解してくれれば、もうちょっとは福島県民の心情もわかってもらえると思うのだが。
彼らにはその余裕もなければ、想像力もカケラも無い。

“実験場”としての福島。その実験とは、なにも被ばく線量の健康への影響だけではない。金の威力をあらためて確信させるための実験場なのだ。

福島県民の、東電で、原発で働いていて、そこの現場を熟知している人でないと、収束作業は全くはかどらない。いや、機能しない。「後始末」までも、その手に委ねられている福島県人。立地地域に住んでいた人たち。

実直で、働きもので、貧しかった人たち。国の、巨大権力の罠にはめられて人たち。金で縛られる蟻地獄のような・・・。

反原発に積極的に動かない、声を上げないということを以って福島県民をさげすむなかれ。

全国津々浦々に流れるテレビの映像。そこに見える東京の豊かに見える、それが錯覚だと気づかないまま、それに憧れる人たち・・・。
それを責めるなかれ。
「豊かさ」という空気にこの国は支配されてきたのだから。

東京の豊かな生活を支えてきたのは、貧しい地方の人たちだったということも含めて。

今更語る話ではないかもしれないが、反原発の活動家と称する、ほとんどエセだと思うけど、その人を基軸にして、没落した社民党や一部勢力の結集を図ろうという動きが、ほんと、ばかばかしすぎる話が、まことしやかにメディアが面白半分のように伝えるから。


福島県民とひとくくりで書いた。そうではなく様々な福島県民がいるということは百も承知の上で。

2 件のコメント:

まちりの さんのコメント...

福島市で原水禁世界大会が行われているなんて知りませんでした。
それも3年、連続して福島からなのですね。
福島での大会には問題が違うと、お隣の私でも非常な違和感を感じますが
福島の皆さんは、どうなのでしょう

今回の選挙では福島を裏切ったような候補者に信じかねる思いでした。

亭主 さんのコメント...

まちりのサマ

大方の福島県人も原水禁大会には、あまり関心が向いていないのではと思います。

「原爆」は当然向き合わねばならない課題です。
「原発」は愁眉の急な問題です。
「運動」というくくりで論じられる違和感・・・。

憂しき世の憂しき事ども

日本は少しずつ衰退していっている感がある。 その一つは、あってはならない“虚偽”にこの国の姿が反映されているという事である。 「毎月勤労統計」の不正調査問題。あまりにもおぞましい。 勤労統計は国の基幹統計とされている。賃金などを毎月調べ、その統計数字が例えば雇用保険の金額...