2013年7月4日木曜日

自民党内、安倍内閣の“ねじれ”

参院選が公示された。よくわからないネット選挙なるものも導入して。

自民党は選挙公約の中に原発再稼働を掲げる。原発問題がどれだけの争点になるかはわからないが。
自民党の福島県連は独自の選挙公約を掲げる。原発廃炉を明記している。

これも言ってみれば“ねじれ”。

安倍は今日、街頭演説の第一声を福島市の駅前であげた。「日本を取り戻す闘い」と言う。取り戻すってなんだい。どっかにとられていたのかい。

ま、揚げ足取りをする気はないが。

街頭で福島県の候補、森まさ子の応援。森まさ子は県連の公約をそう受け止めているのだろう。担当は原発ではないが、消費者庁だって原発とかかわってくる。

森まさ子の原発についての直接的言及はあまり耳にしたことはないが、県連の意向に沿うならば、再稼働を声高に言う首相と閣僚との間に意見の齟齬があると見るのは僻目か。

暴論かもしれないが“閣内不一致”だ。

去年の自民党の総裁予備選。福島県連は誰に決めていたのか・・・。

福島市での第一声。どこか違和感あり。福島で第一声をあげることで世論の支持を得ようということなのだろうが、再稼働を言う総理が何で・・・という違和感。

「福島」はあらゆる意味で、“ダシ”にされているのかもしれない。

きのう行われた日本記者クラブ主催の各党党首討論。見ていて、読んで、なんかシラケた。もちろんどの党も。結局、みんな何を言いたかったのだか。

記者からの核心をついた質問にも安倍は答弁をはぐらかす。しかし、かれは正直だ。突かれると途端に目がキョロキョロ泳ぐ。どっかに助けを求めるように。

そしてとんでもないことを言う。自民党の憲法改正草案は「いま、手元にないからわからない」。歴史認識は歴史家に任すという。中曽根発言を引き合いに出すにも関わらず、中曽根さんは「言っていません」という。
ちゃんと中曽根は国会で、予算員会で答えている。

あげく、捨て台詞ではないけども、「朝日新聞という権力と闘っている」だと。
だったら朝日は受けて立て。売られた喧嘩は買えってね。
そのくらいの根性あってもいいんじゃない。

参院は「ねじれ」だという。ねじれ解消が今度の選挙の目標だという。

今の政治家やマスコミは、しきりと言う。「古い政治に戻るのか」と。古い政治とは何を指しているのか。たまたま見た今日の朝日新聞。星という特別編集員も書いている。「古い自民党、古い体質のままなのか」と。古さを否定する。

参院。昭和30年代は“良識の府”と呼ばれた。大きな勢力は緑風会。さまざまな経験を持つ識見を持つ議員がいた。
その参院を政党化させたのは誰だ。自民党だ。衆院優位の定めの中、参院もその政党の支配下に置く。
そりゃ“良識の府”ではなくなるわな。とにかく権力はあらゆるものを支配下に置きたいのだから。

だから参院無用論が出てくる。一院制が言われる。

「ねじれ」があってもいいんじゃないの。もっとも野党なるものの資質にもよるが。

参院緑風会を懐かしむ、古い時代の人間の、きょうも瘋癲老人日記にて。 

2 件のコメント:

まちりの さんのコメント...

某SNSで紹介させていただきました。
それにしても福島市の駅前で街頭演説の第一声あげたなんて
それが評価されると思っているのでしょうか。
南相馬市で第一声なら少しはマシかもしれませんが怪しいものです。

亭主 さんのコメント...

まちりのサマ

ありがとうございます。
どこでやろうと歓迎しませんから。

「凡庸な悪」~東電裁判に思う事~

東電福島第一発電所の爆発事故。あれから8年以上になる。 事故の後処理は次々に新たな問題を引き起こしてくる。 原発は「国策」だ。それがあの大事故を起こし、多くの災害関連死を生じ、 今尚安堵をえていない県民もいる。 東電の責任問題、東電の当時の経営陣に責任が求められるの...