2014年1月26日日曜日

漂泊と定住と

猪苗代湖畔で仕事をしている友人が教えてくれた。帰れない白鳥のことを。
その白鳥の一家は5人、いや5羽。父親の片方の羽が無い。上手に飛べない。
越冬しても、長い旅をすることは不可能だ。他の家族は飛べる。でも父親の傍を離れない。シベリアに帰ることを諦め、猪苗代湖に定住することを決めた様子だという。湖に一家は漂っているという・・・。

今、日本には203万にもの在留外国人がいる。もちろん不法入国、滞在ではない人たち。多くが労働力とされ、生産人口だ。父親が「デカセギ」として来日、その後家族を呼び寄せ、その家族の多くが日本での定住を決めたという。
地球の裏側の故郷を“捨て”。

もう30年も前か。写真家の藤原新也が「東京漂流」という本を書いた。
そこには漂流物のような都会の光景と、帰る家があるのに帰ろうとしない若者の姿があった。

渥美清演じるテキ屋稼業のフーテンの寅さん。柴又の家にはめったに帰らず、全国を放浪している。ある時出会った踊り子のリリー。流れ者なのか。
「あんたは帰るところがあっていいわよね」。その一言に寅さんは考え込む。
山田洋次監督のメッセージなのだろう。

人はどこで生まれ、どこに行き、どこに帰るのか。

帰るところを持たない12万人の人達。仮設や借り上げはあっても、そこは「帰る」ところではない。漂泊のまっただ中にいるのだ。

帰るところを持たない多くの漂流家族。飛べない白鳥になれというのか。

偶然か必然かはともかく、たまたま、その地に暮らしていて、その暮らしを失った人達。
望郷の念はともかく、「帰る」ということについて、他人事のようで申し訳ないが、自問自答し、答えを見つける時期ではないだろうかとも。

映画「無人地帯」を撮った加藤カメラマンが過日の試写会後、ぽろっと言っていた。
「みんな大きな家に住んでいたんですね・・・」と。

そう、その家ももしかしたら「原発マネー」で建てた家かもしれない。多少の「うしろめたさ」を一夜の酒で飲みこんで、原発の恩恵に浴したことへの悔恨だってあるだろう。

いつまで続く漂泊の日々。いつか来るのか定住の場所。

「今生きているところが故郷なんだ」。そう考えるようにしていると学者で小説「心」を書いた姜尚中は静かな口調で言っていた。映画監督の是枝裕和との対談で。3・11を考える対談で。
故郷を見つけるための漂泊の時ということなのだろうか。

なんか、こんな事書いているのって、今の流行り言葉「ポエム化」しているのかな・・・。

でも、誰かが言っていた。

「詩は空白を埋めてくれる」って。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
「帰心千丈」の想いは誰もが故国、故郷に抱くもの。
でも「置かれた場所で咲きなさい」(渡辺和子さん)にも道はあり。
―境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる。
―時間の使い方は、そのまま命の使い方なのですよ。
自分が当事者じゃないからこんな言葉を受け入れられるんだけどね。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
「置かれた場所で咲きなさい」目下の心情です。咲くかどうかはともかく。
いん、命の使い方がわからないので悶えているような日々なんだな。時間も足りないし。いろんな意味でね。