2014年3月10日月曜日

「ふるさと」・・・

“穢土三歳(えどみとせ) 絆断ち切れず彷徨す”

柳壇にあった一句。

勝手に推測する。作者の心境を。
双葉の地から避難した人ではないかと。離れさせられて三年。いまだ汚染されたままの故郷を、あえて「穢土」と詠んでみる悲しさ。

“ふるさとは遠きにありて思うもの そして悲しくうたうもの
よしやうらぶれて異土の乞食(かたい)となろうとも
帰るところにあるまじや“

室尾犀星の詩が重なる。「えど」と「いど」が。

故郷、ふるさと、古里。いつの間にか、新聞に書かれる字は「古里」になった。
なんで変えたのか、その理由は書かれていない。

土日、多くのテレビ番組を見た。見て疲れた。見て考えた。考えは何もまとまらない。

考えていたことの一つが「故郷」とは何かということ。故郷を失って早や3年。
その言葉は安易に使えない言葉のようになった気がする。

その地に戻るのか、その地を失うのか、失った結果、魂とともにさまよい続けるのか。

浪江で葬祭場を営んで人達は再建を目指している。その人が仲間たちと歌っていた「故郷」。誰が歌うよりもこころに沁みた。

浪江から仮設に移った人が言っていた。「あんな綺麗な風景はないですよ。海に登る朝の太陽。帰りたいですよ。また見たいですよ。元気をもらえていたから」。

大熊の凍った池には多くの白鳥が飛来していた光景があった。「あいつら放射能は関係ないもんな。ほんと可愛い顔している」。“じじい部隊”の一人が淡々と語っていた。

故郷とは何なのだろう。何処なのだろう。

ボクに故郷とは何か、どこかと問われた時、それへの答えを持たない。
生まれた土地に故郷意識は無い。僅かの日数しかいなかったというから。
もちろん記憶もないから。出生地が故郷では無いと思う。

子供の頃からずっといた東京。その地はある。渋谷区初台という地名は。
本籍地もそこにしたままだ。無意識に中での故郷意識なのだろうか。
しかし、そこには帰るべき家は無い。手放して福島に移ってきたから。

たしかに、あの懐かしい町の光景は変わった。でも、何かがある。子供の頃の匂いがある。
笹の葉で舟を作り、ドブに流して。その行き先を追っかけていた。
ちょっと歩くと裏山があった。雑草の生い茂った。そこに“秘密基地”をつくって、毎日のようにこもっていた。

建物は替わった。だけど、曲がり角はわかる。覚えている。
幼馴染は全員いなくなった。顔見知りも僅かになった。
でも、あの場所は数多くの思い出とともにボクの中にある。

帰れない故郷しとして、その地がある。

第二の故郷。人はよくそう言う。ならば福島は、郡山は第二の故郷か。単純にそうも言えない。故郷に第二も、第一も無いと思っているから。

作家で学者の姜尚中が訥々と、静かに語っていた。
「今、居る所を、暮らしているところが故郷だと思うのです」と。

在日としての日本。彼の胸中は察するにあまりがある。

デラシネ。故郷を喪失した人、根無し草。そして時にはエトランゼ・・・。

故郷という言葉に”定義“はあるのだろうか。故郷論は確たる考察があって出来上がっているものなのだろうか。

建て前としての「故郷」、本音としての「故郷」。
それは“救いを求める”言葉として存在するものなのだろうか。

それを持ち出すことによって人の心を縛るものなのだろうか。

時には演歌の歌詞に登場する「ふるさと」に惹かれ、時は詩人のこころの襞に触れ・・・。

「ふるさと」を見つけようとして、ボクの心は、それこそ彷徨しているようだ。

今日は、69年前、東京大空襲があった日。10万の人が亡くなった日。
東京という故郷を離れざるを得なかった人達も大勢いた。

せめてこの国が、「故郷」と言えるところで有って欲しいとも思う。戦後、抑留者が目指したふるさとの地。

そこは荒れ果てていようとも「故郷は故郷」なのかもしれないし。

「3・11」が教えてくれたことの一つ。果て無き「故郷論」。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
都々逸の詞に「諦めましたよ」「どう諦めた」「諦めきれぬと諦めた」というのが目につきました。どうしようもない恋心を歌ったのでしょうが・・・。
昨日―あの日、故郷を失った家族の再生の物語―「家路」を観に行きました。故郷を捨てた次男坊が帰ってきて畑を耕します。立ち入り禁止区域の実家で。長男が「なんで帰ってきた!」と詰問します。「何も無くなった」「人も居なくなった」からだと。仮設住宅で長男と暮らす母親は畑仕事も出来ずにボケが始まっている。その母親を背負って畑のある実家へ向かいます。二人で苗を植え始めます。汚染された土の上に。
これが故郷なのだと思いました。
双眸からあふれる涙を拭いて映画館を出た新宿の街の雑踏は三年前の災害を忘れたかのごとく・・・。(でも、月曜日だというのに劇場は満席に近かった)

亭主 さんのコメント...

tacoさま
コメントありがとう。都都逸はメモしました。
家路、良い映画みたよね。映画にしてもドキュメンタリーにしても、真摯に向き合ったものを作って欲しいな。最近は是枝フアンになった(笑)。
日比谷公園で、ドラム叩きながら再稼働反対って言っている人達、それはそれでいいのだが、福島を口に出すなら、デモやってる暇があるならこういう映画を観た方がいいと思うよ。もっとも観てきたって反対運動に熱中している女優さんは言っていたけど。明るいのか、煌るいのか。東京の光って。