2011年6月13日月曜日

なぜか引越しのトラックが

放射能を満喫しながら街を歩いていると、車を走らせていると、最近やたらと目に付くのが「引越し屋さん」のトラック。住宅街。戸建やマンションで。

例えば転勤時期などでは見かける光景だったのですが。なんでこの時期・・。
その家が壊れているわけでもないのに。

どうやら「放射能」を恐れての移転のようです。家中で。なんとも言えませんな。どうやら校庭の汚染表土問題以来、郡山も「汚染地域」とされてしまった。

複雑な心境です。

とにかく郡山からも県外移住というか避難というか、他地域へ出て行く人が増えています。妻子だけの避難はもちろん。郡山の人口は確実に減っています。実質人口。住民票まで移した人もいるというし。

最近のはやりコトバになったホットスポット。郡山にもそう言われるところが点在しています。そのホットスポットに居を構え、で~~んと笑いながら暮らしている人もいるし。ホットスポットでウオーキングしていたり。犬の散歩をしている人もいたり。様々です。

きのう郡山農学校主催で放射能と土壌汚染の講習会がありました。満員でした。皆真剣。質問続出。

表土の剥離は有効。菜種植えるのは効果的。井戸水は問題無し。湧き水は要注意。セシュウム薄めるには。田んぼの水は一回かくはんして上にセシュウムが浮いてくるはずなのでそれを捨てて新たな水を入れればとか。どうやって水の入れ替えやるのか。それは答え無しだったけど。

野菜農家のおばちゃん。「畑にひまわり植えました。その周りの野菜、息子に線量計で計ってもらったら1,3ミリシーベルトだった。食べても大丈夫ですよね。大丈夫ですよね」。念をおすように。先生、大丈夫だとは答えられない。計るのはいいことですよとしか。誰かに大丈夫と言ってもらいたのがおばちゃんの心理。

だれも正解をもたない郡山の放射能汚染。「正しく怖がっていきたいと思います」。農学校代表の謝辞。

別の引越しも盛んです。避難所から仮設への。とりあえずの「自立」です。避難所暮らしだったとはいえ、なんだかんだと荷物はたまっているようです。もちろん引越し屋のトラックなんて頼めない。自分たちでコツコツと。

仮設周辺で日常の買い物が出来る”スポット”を教えてあげてきました。「犬と一緒に住める」。嬉しそうにしていましたが、「新生活」にはちと不安げ。
エアコンは付いているけど使わないと。窓を開け放っていました。ほとんどの家で。窓の外にはゴーヤを使ったグリーンカーテンの準備がされていました。

これまたなんだか皮相的な光景に見えてしまいましたが。

2 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

関東地方では放射線レベルの上昇が…なんて記事
数値を見ると、なんとも、まぁ低いこと(笑)
郡山市内の屋内の数値より低い!
的外れな話題を振りまくメディアの皆様

目には見えないホットスポット、とかくココラ辺の数値の高いこと。昨日我が家の庭を計ったところ、4マイクロsvにグレードアップ(苦笑)

全国紙で掲載されている郡山市の放射線量は1.5マイクロsvですが、実際はエリアによって数値の上がり下がりの差が非常に大きい

放射能で汚染された土壌や植物、ソレラを取り除けば放射線量は一気に下がる。解決策は明確だが、現状の最大の問題点は、ソレラを捨てる場所がないこと。これを解決することで、日常生活における不安も少しは解消されるだろう。

せっかく育てた野菜達、これらも単位シーベルトでは判断できない。基準が分からないコノ環境、ソレを野放しにしている政府。完全に責任放棄している現状であることは間違いない未来の構想を語っている場合じゃない、最優先すべきことは山ほどある。

我々も今自分が出来ることをやってみる
一日一日充実した時間を過ごしてみる
昨日より前向きな今日
今日より積極的な明日

一歩一歩の前進
一つ一つを解決
一人一人が行動
それらが集約された時に、きっと大きな動きが起きる

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
日ごろの思いをぶちまけましたね。どんどんしゃべらないと。土壌汚染、たしかに現在取りうる方策は明確。だけどそれを誰がやるのか。そう、捨て場所含め。
梅雨が来て木々に付着した放射線物質を洗い落し、その後土をどうにかってことでしょうが。
舗装された道路は散水車で一気にってことが出来るけど、その水はどうする・・・。いたちごっこのような、迷路のような。
4ミリシーベルト、昨日体感させていただいてきましたよ(笑)。