2011年6月19日日曜日

普通に戻ったテレビ

あれから100日が過ぎ、なによりも”普通”さを取り戻したのがテレビではないかと。

震災後最長72時間のノーCM放送をやっていた民放。やがてACだらけになっていた民放。ACも例の「ポポポ~ン」は無くなったけどたまに空き枠埋めるために登場するくらい。

CMの内容はかなり震災の被災者に気をつかっている様子。下手なCM流せば企業イメージが損なわれるということだろうか。中には被災地へのメッセージになるような工夫されて上手いものも。

どうもいただけないのが番組。惨禍を忘れたような、今も進行中の放射能のことなど忘れたような100日前と変わらぬくだらないオバカなバラエティー番組。
どうでもいいような御笑い番組。

どっかの局のプロデューサーがツイッターでつぶやいて反響を呼んでるとか。「民放の夜7時台。ゴールデンタイムの視聴率が軒並み一ケタになってしまった」。一ケタとは10%以下。内閣支持率の”危険水域”ではないけれど、番組打ち切りの危険水域。

東日本だけじゃない。全国やはり震災の大いなる影響を受けている。気持ちだって晴れない。それこそ「閉塞感」。そんな中でテレビだけは、ま、かくもノー天気でいられるのかってくらいのつまらない、くだらない番組だらけ。どこの局を見ても同じような。

そしてドラマ。もちろんほとんど見ませんが、番宣見てるだけでギョっとする。なんだってこうも殺人物、殺人事件ものが多いのか。人が殺されないと刑事物のドラマは成り立たないのか。

地震、津波によって奪われた人命は1万5千人以上。人が死ぬということにどれだけの人に嘆き悲しみ苦しみを与え、それを背負って生きて行くのか。人が死ぬということはもう嫌なんです。

テレビは毎日のように人を”殺して”いる。視聴者の気持ちをよそに勝手に普通に戻ってしまったテレビ。映像は時にはよりリアル化され。

空に届くような巨大なテレビ塔が喧伝され、さまざまな機能を持った新型テレビが登場し。

「正直、見たい番組がない。もうテレビはいらないかも・・・」。そんなリツイートが多数寄せられたとか。

普通に戻るってことがいいのかどうか。少なくともテレビに関しては。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
日常が戻っただけで今更嘆くことも・・・。
某局の番組製作局長が以前に言っていました「いろいろ批判があるようですが視聴者のレベルに合わせているだけ」
日本のテレビだけじゃないみたいだけど・・・。

スポンサーから一言あれば変わるのかな~?

ライオスキー さんのコメント...

自己満足のみで進行する
芸能人主導のテレビ番組
何が面白いのやら分かりません
何を伝えたいのやら

震災後は情報源として見ておりましたが
最近は元通りにテレビは見ることなく

国(政府)の姿は国民を映すように
テレビは視聴者を映しているのかな

亭主 さんのコメント...

tacoさま
嘆いているわけじゃないけど、元テレビ屋としての懺悔も込めて。
すくなくとも、今や、スポンサーとしての東電の影響力は無いです。テレビ屋のリテラシーの問題かと。

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
そうですね。視聴者のレベルにあったテレビ放送しかないのかも。口では「福島、福島」というけれど視線はやはり東京かと。
かと言ってローカル局は頼りないし。ネッテも不可思議だし。情報化社会から逃れることを考えてみるのもいいかも。