2011年6月21日火曜日

度し難いバカども

「俺がやらねば誰も出来ない。俺しか出来ない」。そんな馬鹿げた思いあがりが菅の頭の中を支配しているのだろう。

引き際をめぐる条件闘争。こんなこと前代未聞だよ。「あんたが辞めればうまくいくんだよ」。そう言われたらさっさとやめればいい。「辞めるから、これとこれとをやってく」と遺言すればいい。もっとも遺言の中味にもよるけれど。

次々と引き出されてくる退陣の条件。ついには再生エネルギー法案だと。菅が総理大臣になってからの言動や行動を見てみよう。自分の頭の中はからっぽ。知恵ゼロ。だからいろんな会議立ち上げて美味しそうな意見だけ取り入れようとする。そうした。だから日替わりで言うことが違ってくる。

最後の土壇場で言い出したのが孫による入れ知恵。再生可能エネルギー。

ふざけんなよ。今、我々が欲しいのは、自分たちの生活を再生させるためのエネルギーなんだって。

震災後、菅が何をした。なんにもしていない。混乱だけを起こしている。

「東電は俺のこと嫌っているからな」。そんなことを側近に言ったとか。嫌っているのは能力がないから。嫌われているのなら、言うこと聞いてくれるわけがないのだから引っ込めよ。

この10日あまり。「政局」というおままごとのようなお遊びに、遊びほうけた馬鹿どもによって、政治は全く動いていない。被災者救済なんて出来ていない。

復興法案出来たじゃないかというかもしれないけど、余りにも遅きに失している。

そのバカバカしい政局騒ぎを毎日金魚の糞みたいに追い掛け回しているマスコミ。記者のみならずアナリストだとかなんだとかの具にもつかない解説。

永田町の手練手管を解説してもらってもなんの役にも立たない。

原発はいっこうに改善の兆しなし。瓦礫は積まれたまま。住むところ。仕事。
どれもこれも明日では遅すぎるんだよ。

ホリエモンが収監。見に来いとツイッターで呼び掛け。高検前に行くバカ。群がる250人ものマスコミ。これがこの国の現実だ。

度し難い馬鹿どもが多過ぎる。

民主党の議員さんたちに問う。「なんであなたたちは菅を選んだの」と。
菅さんよ。あなたがいるだけで政争の種は尽きない。政争は終わらない。一日、一日延命するたびに、被災者は、一日、一日不幸になる。

いくら言っても通じないな。「この国は俺でもっている」と盲信しているんだから。

誰がネコの首に鈴をつける。もう”愛妻”しかないのかな。せめて伸子夫人の、孟母の”決断”に期待でもしてみようか。

0 件のコメント: