2011年6月30日木曜日

節電と言う名の”殺人”

日本列島酷暑です。熱中症患者急増。きのうは4人の死者が出たとか。熱中症患者は去年の六倍だという。

もちろん熱中症患者は家の中で発症した人だけではなく、表で作業していた人などもいるわけですが。

ニュースの伝え方。熱中症と節電を関連付けるような伝え方。たしかに、中にはエアコンを使わずに、我慢していて熱中症になった方もおられるかもしれません。


。。。。ここにきて、、googleブロガーの不調。。。

二回書き直して・・・。

要は、電力不足、節電。
「電力需給量」云々は、電力会社の「陰謀」があり「からくり」があるという懸念がぬぐい去れないということ。

日本人は生真面目で素直な国民。マスコミまで巻き込んでの節電大キャンペーン。それにのっかるのは命懸けかとも。とりあえずきょうはこのへんで止めておきます。ブルガー不調が怖いんで。これも「電気」のせい?(笑)。

ブロガーの不調、よろしくお願いしますよ。googleさん!!

0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...