2012年5月8日火曜日

「安」のつく字のいろいろ

3・11以降、一番使われた字は「安」という字だったのではないか。ふとそんな気になって。思いつくまま。

原子力発電の安全神話が崩壊・・・。不安、不安の日々。食品の安全基準。安全と安心は違うってこともわからぬまま。
仮設では不安定な日々を過ごし。

政治家の使命は「民を安んじることだ」と言われていたが。今は「安んじる」ではなく「軽ろんじる」ことになり。

儒教の教え、「安心立命」が座右の銘として見直されたものの。ま、この意味、どんなときにも動揺しないこと。人力のすべてを尽くして身を天命にまかせ、いかなるときも他のものに心を動かさないこと。人事を尽くして天命を待つ、みたいなところがあるのですが。どっかの政治家の部屋にこの額が飾ってあった。

安否情報を求め、安眠することもままならなかった日々。安直な報道、安易な専門家の意見。

歌手は慰安に避難所を訪れる。一時帰宅を許されるとまず仏壇に。家族の安泰を祈り。

災後、半年くらいしてからの大安の日は結婚式ラッシュ。はい、亭主もお招き受けましたが。式の社殿はまさに平安朝の趣きでもあったり。

安は、やすいとも読む。とっくに普通の暮らしに戻っている郡山の大半。休日ともなればどっさりと折り込まれた安売りチラシの束。安直にそれに誘われて衣料品店。だめだ。安物買いの銭失いやってしまった。

「この中に安田さんて方おられますか?ああ、いた。あなたは安い田んぼにいたんですかね。あ、安井さん、あなたのところは安全な井戸だったんだ。え、何、なに・・」
「いやね、このバアチャン安子っていうんだよね。名前が。安い子っていうことがい?」
「いや、違うでしょ、安産で生まれたってことじゃないですか」。
「おめら、なにくっちゃべってんだ。オラの名はあんこだぞい」。

安普請の仮設の集会所でのバアチャン達との他愛もない会話。
帰ってテレビみてたら電力の安定供給、安的供給・・の話しばかり。おっと、そう言えば悪の巣窟、原子力保安院にも「安」の字が使われていた。

きょう一日、こころ安らかな日でありますように。

2 件のコメント:

白い花ミズキ さんのコメント...

安物買いの銭失い・・・
だからと言ってそうそう高い物も買えず迷っているうちに売り切れてしまう(笑)

お陰さまで今日も安らかに一日過ごす事が出来ました。

亭主 さんのコメント...

白いハナミズキさま
よくありますね。そのケース(笑)。
たしかに高くていいものは長持ちするのが実感。服について言えば、「お願い、流行変えないで~~~~」って。