2015年3月9日月曜日

「忠犬ハチ公」で思う事

「忠犬ハチ公」が、飼い主と再会出来た。飼い主の勤務していた東大の構内で。
80年ぶりの再会。ブロンズ像のハチ公は嬉しそうな表情をしていた。

ハチ公。東京渋谷駅の“象徴”だった。西口広場、以前東横デパートの前にその銅像があった。
「物語」によれば、ハチ公はご主人の東大農学部の教授、上野英三郎氏の飼犬。
毎日、御主人が帰ってくるのを渋谷駅に出迎えていたという。
先生の家は、うろ覚えだが、神南あたりだったような。

1925年、先生は仕事場で急死。それを知らぬハチ公は毎日渋谷駅に迎えに行き、10年間待ち続けていたという逸話だ。

ハチ公物語には真偽取り混ぜいろいろな説があるが・・・。


学生時代、友達との、土日の待ち合わせ場所の一つが渋谷、ハチ公の前だった。
そこから道玄坂を上り、ジャズ喫茶に行くのが常だった。
「ハチ公」を触っていること。それが「お約束」。ともあれ、幼少時代から馴染みの深いシンボルだった。

2年前、原発事故を扱った映画「無人地帯」の試写会に行くため、久しぶりに様変わりした渋谷の駅頭に降り、ハチ公と対面した。居る場所が変わっていたように思えた。移動させられていた。しかし、顔はしっかと駅に向けられていた。

忠犬ハチ公。その物語は、当時のご時世とも関係していたような気がする。忠義ということが重んじられていた時代。
最初のブロンズ像は「供出」されてしまったということも含めて。

でも、なんであろうと「再会」出来てよかった。同じ渋谷の“住民”だったという感傷も含めて。


事務所の近くの知り合いに、かつて、その家では代々シェパードを飼っており、可愛がっていた人がいる。

そのシェパードは「ドン」と呼ばれていたとか。戦時中、軍用犬として徴用された。出征兵士を送る会のような町内会行事があった。ドンは忠君愛国と書かれたタスキをつけられ、町内の人達のうちふる日の丸の小旗に送られ、兵隊さん連れられてどこかに行ったという。もちろん帰っては来なかったと聞く・・・。


「3・11」。きっと多くの犬も津波に流されたのだと思う。その他の動物もだ。
でも、その話はあまり伝えられない。
「板切れ」に乗って漂流している犬、それを助けた消防士。それ自分が抱いている“デジャブ感”かもしれないし。

原発避難。鎖につながれたまま置いておかれる犬、飼い主の車を追いかける犬。鎖を食いちぎって逃走した犬・・・。そんな映像を、あの頃は随分と見たものだ。

その度に悲しかった。もちろん、それも犬だけでは無い。猫も牛も豚もそうだったのだが

最近、ネットで動物の犬や猫の動画がしきりに公開されている。「癒される映像」として、どこかのサイトにあるようだ。

なぜ、その「癒し」が、多く露出されるのか。癒されない世相の中にあって、本能的に動物に癒しと慰めを貰うという“世論”があるからだろうか。

災後、隠れたベストセラー本の中に、犬にまつわるものも多かった・・・。

セラピー犬という“仕事”についた犬は、施設に行き、人々を慰めている。
スキンシップという行為の中に、お互いの“友情”さえ生まれている。

渋谷のハチ公、その銅像の鼻を触るのが好きだった。なぜか手に伝わってくるものがあったような・・・。

そして、飼い主の「都合」で、保健所送りにされる犬もいる。たくさんいる。
片や、シェルターを作ってそれらの犬を保護し、新たな飼い主を探す運動をしている人達もいる。

犬をめぐる、取り巻くいろいろな世相。そこから何を見ればいのか。

「3・11」の前年に旅立った犬「澪」。澪の写真に向かってハチ公のことを話してみた。写真の澪はどこか嬉しそうに、目をキラリと光らせたような気がした・・・。

「3・11」特集、企画が始まっている。まだ動物を巡る話は出てこない。辛く悲しい思いは人間も犬も同じなのに。

被災した野良猫は、今朝も我が家に来ていた。ご飯をいっぱい食べて、どこかに出かけて行った。夕方、また戻ってくるはず。すっかり、まるまると太っておる。冬の寒さもしのげたようだ・・・。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
ほぼ毎日お邪魔しながらはじめてのご挨拶です。

今も被災犬と一緒に暮らしているタレントさんの本です。
http://www.jlds.co.jp/ehon_no_chikara/2012/07/post-73.html

また、このブラザートムさんは、あの日のことを歌っています。
https://www.youtube.com/watch?v=OqVi-QQWcZI

今日の記事を読んで、4度目の3月11日に少しでも暖かい希望が加わればと、思わず長いつぶやきをしてしまいました・・。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

どなたか存じ上げませんがコメントありがとうございます。そして、読んでいただいていること感謝です。

ブラザートムの絵本のことはどこかで知りました。感動で打ち震えました。
市井には優しい心を持った人がいるということを再確認した次第です。

動画、始めて聴きました。良い歌ですね。
「希望ってなんだろう「。その問いかけは私自身でもあります。希望を持って・・・それはすぐ打ち砕かれていく。でも、持ち続ける。彼の問いかけは根源的なものだと思いました。前を向くってこともそうです。
ソフィーの本と言う子供向けの哲学の本があります。そこで著者は悲観論、楽観論をいましめ、第三の道として「希望」を提示していますが、それは予見しがたい未来ってことなんでしょうか。
動画にあった犬。飯舘村のSORAというシェルターに保護されている子のような気がします。
今後ともよろしくお願いします。