2011年4月4日月曜日

嘘とデマと批判と

事務所に来ました。通常にならないと。先週片付けた、片付けて貰ったのでなんとか居心地良し。やることは多々あり。

ポストは満杯でした。安否を気遣ってくれる元部下の名刺も。ありがとう。

きのうも書いたけど、嘘とデマ、ま、同じようなものだけど、ちと違うのはデマは蔓延するってことか。嘘っていうのは隠すことか。デマの蔓延にあらためて驚かされています。

新聞やテレビ、ネット、ツイッター。一応目を通すだけで疲れて疲れて。おびただしい原発関連の”情報”。

原発のことは原発に聞けってわけじゃないけれど、専門家の話に耳を傾ける、目を凝らすしかない。その専門家があてにならないってなったらどうする。毎回とっかえひっかえでテレビに出てくる専門家。誰が信用出来る人か。新聞には「原子力問題に詳しい・・だれそれさん」ってクレジット。詳しいってどういう意味なの。

テレビに出ている東大の先生。安全を言って人心をいささか落ち着けようと。すかさずネットやツイッターで中傷。東電から年間5億円の研究費もらってる奴のいうこと信用するなって。

きのうわかった東電下請け社員の死亡事故。地震当時から行方不明。やっと先日発見。津波のせいだと東電発表。これめぐっての噂、デマはひどかった。この二人は現場から逃走して郡山で酒飲んでいたと。ネタもとはゴシップ専門の某ネットサイト。それに悪乗りしたのがなんとかというすぐ怒鳴るコラムニスト。「噂ですが、信用できる噂です」と拡散したらしい。これにはツイッター族も辟易。テレビタックルのセミ常連。たけしさん、彼に番組の中で聞いてよ。事の顛末を。今朝も彼はどっかの番組に出てまるで原発評論家、専門家のような顔して、口調で喋りまくっていたけれど。

誰でも出演させて、誰にでも勝手に喋らせればいいというもんじゃない。メディアのリテラシーが問われている。この話、大手全国紙の記事も関係してる。

彼らに言わせれば多分、東電が今更言うのはそれこそ隠蔽。郡山から戻って来たところを・・・・なんて話つくるかも。怖い、怖い、怖い。

郡山発のネタもと、いささかわかなくもないのですが。この際止めましょう。訳知り顔の素人論議は。

っていうと東電や政府の情報開示が遅いからとか、隠蔽だらけって返ってくる返事は想定内だけど。

メディアの東電批判。たしかに誰がみててもきいてても東電の対処はおかしい。怒りを覚える。週刊誌などは凄い。でも、今、この時期。福島県民が一番望んでいるのは批判より収束。終息。デマと嘘と批判記事、報道に振り回され翻弄され生活をおぼやかされている日本人である福島県民。

当地に足を踏み入れて実際に現場を見た人と東京で騒いで入るだけの人の温度差。

東電に今やって欲しいこと。収束。批判の嵐の中ではみんな萎縮する。萎縮した気持ちでは事は前に進まない。嘘でもいいから東電の、特に現場で過酷な環境の中で働いている人達にはエールを送ろう。励まそう。今、この時点で、批判、非難、恨み節いってもなんの解決にもならない。批判や検証はいつでも出来る。しかも冷静に。

専門家さん、お願い。事象の解説だけでなく今後の方途についても知見を述べてくださいよ。

菅の視察に同行した原子力安全委員会の斑目委員長は「原発は安全です」と断言した。菅はそれに乗った。委員長はあとから「不明を恥じる」と釈明した。菅は別の学者に頼った。何を得られたのか学習したのかわからないが。

これから行って来ます。風評被害で廃業に追い込まれた老舗旅館の経営者を慰めに。何の役にも立てないと思うけど・・・。

2 件のコメント:

あさきゆめみし さんのコメント...

『気象大異変~人類破滅へのカウントダウン』(船瀬俊介・著/リヨン社)

この船瀬さんというのはどんな方なのでしょうか。

この手の話には眉唾のワタシですが・・・

何事も見る人の見識ということでしょうが、ユーチューブの画像とか何が何だか 不安感をあおられてしまいます。

4月5日から7日くらいに福島からの放射能が日本全国に回ってくるそうで外に出ないほうがいいという内容がmixiでも噂されてますし・・・・・

亭主 さんのコメント...

あさきゆめみしサマ
その方、全く存じません。しかし、4月になってのこの朝晩の寒さ。ちっと雪だったり。異常気象の感はありますよね。

放射能はそんなに拡散しません。距離の二乗×なんとか。10キロでヨウ素は半減。セシュウムは落っこちる。

ま、少しはあちこち行くでしょうが。どこに行くかって?すべて風任せ。

郡山を脱出した人や、東京を脱出した人のところへ飛んでいけ~~(笑)