2011年4月7日木曜日

この国の姿 その16

昔、そう、20年くらい前か。東京電力に那須さんという人がいた。社長や会長を務めた人。仙台出身。なかなかの傑人と言われた。原子力発電所建設が華やかだった頃。

雑誌か新聞の別刷りか。那須さんと当時の朝日新聞の編集委員との対談を読んだ記憶がある。

「我が国には厳然として原子力発電に反対する勢力がいる。その反対勢力に負けたくない。だから絶対に安全な原子力発電所を作っている、作る、そうする」。そんな発言をしていたのを思いだした・・・・。

那須さんの言っていた反対勢力とは、日本社会党のことだったと思う。社会党を支持するグループだったと思う。菅が師事した市川房枝さんは、市民運動家としてどんな立ち位置にいたのか・・・。

反対勢力。やはり必要な存在だったのだ。日本社会党が政界の中で、選挙民によって”抹消”され、厳然たる反対勢力はいなくなった。無くなった。対談を目にしてからしばらくのこと・・・。

日本社会党の役目はマスコミがはたすべきじゃないのか。健全な反対勢力として。そんな事を当時、書いたか喋ってまわっていた事がある。

社会党を支持してもいないし、消えたのは歴史の必然と思うが。

しかし・・・。マスコミからは、新聞論調からは、徐々に原発反対の声が消えて行った。何があったのか。電力量確保という至上命題の前で目をつぶったのか、クリーンエネルギーとして認めはじめたのか。たまに原発に懐疑的な報道はあっても大勢にはならなかった・・・。

多分、多分、国家の大きな枠組みの中に組み込まれていったのかもしれない。民放テレビにとっては大きなスポンサーになっていたし。電力会社が。

そして、こんにちの事態。集中砲火のように東電を責め立てる。原発反対の大キャンペーンを展開しようとしているような。

反対勢力。頼りにならない菅政権。機能しない首相官邸。それに対する反対勢力は自民党か。原発に対して物を言ってこなかった人達。個々人は生身の人間であり、国難を憂いているのだろう。が、永田町という”避難地域”に入ってしまうと党利党略の権力闘争に縛られてしまう国会議員。”反対勢力”を取り込み潰し大連立を模索する菅。

政権延命だ、マニフェストがどうだ。最早そんなことはどうでもいい。それが国家百年の大計を誤らすとも思えず。
政争はアタナ方の日常。東北の、茨城の、千葉の・・・。民草は日常を無くした。住まいも無くし、飢えにも苦しみ、一滴の水にも苦しんでいる。無策の政治によって命が失われ、脅かされている。自然の草木も農作物も牛も・・・。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
福島第一原発は40年以上前のGEの基本設計だけど安全設計に重大な欠陥があった。福島第二原発と刈羽原発以降の日本の原発は安全多重化設計でははるかに優れているけど完璧は世の中にあり得ない。今回の事故は東電の初動作業不全と原子力安全委員会と安全保安院の怠惰に起因して放射能の拡散をまねいた。あの明らかな欠陥が指摘された時点で東電は約100億程度の金を惜しんだ結果千倍のつけとして帰ってきただけでなく国際的不信・不安を再燃させた。無能な政権は東電の試行錯誤を傍観するのみ。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
まさに。菅に起因するのか東電か、はたまた腐った官僚か。
すべて初動がすべてを制するのです。どこの世界でも同じ。
テレビの取材だって。
さっきの余震はちとね。地震予知連絡会なんて、いったいなにをしているのか。役立たずのにわか専門家、学者が。こんなに大勢の学者いて、すべて後追い。そんなもんなんですかね。

Miko さんのコメント...

初めまして。郡山で生まれ、郡山で青春時代を過ごし、20代後半から30代もそちらで暮らしました。亡き父が郡山で会社経営をしていまして・・。2年ほど前から横浜にいます。私も原発反対でした。ずっと。東電には非常に腹が立っていて、毎日この気持ちをどこへ持って行っていいやら・・という感じです。大好きな郡山を元通りにしてよね、東電!っていつも思っています。この国は官僚と政治家と東電みたいな人達につぶされてしまうのか・・と危惧しています。こちらのブログを読んで、この気持ちが少し晴れるような感じがします。これからも、時々こちらを訪問させて頂きますね。

亭主 さんのコメント...

mikoさま
ようこそ!!ご来店ありがとうございます。当地郡山は地震の被害と風評被害で飲食店は営業半減です。古い建造物の店や蔵を改装して店はほとんどダメ。この際廃業をという人多いです。逆に震災翌日から灯りをつけたところも。
暗中模索ですが、若い人達も頑張っています。

原発避難者の方々が大勢郡山の避難所に集まっています。管轄は県ですが、郡山の人達は炊き出しや物資の仕分けその他、ボランティア活動に使命感を持ってあたっているよう。

あなたの故郷はまた甦りますよ。

またのお越しをお待ちしています。横浜の海によろしく。