2011年4月12日火曜日

最大不幸社会になった

菅は政権発足の時になんと言ったか。「最小不幸社会の実現」なんて大見得切りやがった。

彼のやっていること、言うこと全てが「最大不幸社会」の到来を招いているような。菅がその立場にいることによる国民生活の混乱と、彼がリーダーの地位を降りた時におこる政局の混乱と、どちらがこの国難の時期にかなった選択なのか。迷っている。

最近、一部新聞は主語に「政府」という言葉を使わなくなった。「菅首相は」という表現もしなくなった。彼個人の発言以外には。「菅政権は」と書き出す。これの意味しているところは・・・・。

原発問題。泥縄、後手後手、右往左往、思いつき・・・。どんな言葉をもってあてればいいのか、その対処方針なるもの。

保身に身をやつす哀れな政治家としか見えない。

原発避難問題。きのうの枝野の発表。噴飯もの。「計画的退避区域」を設ける。そこに30キロ圏外の飯舘・葛尾・川俣の一部、南相馬の一部を当てるという。どこがどうなるのか全くはっきりしない発表。枝野は言う。「一部報道にもれたから詳細を詰めないうちに発表しました」。一部報道のせいにする。責任転嫁。内容不明な「緊急時退避準備区域」。そこには学校は存在しない。なんだい、こりゃ。人の営みがわかってやってることかい。

屋内退避区域からいわき市をはずすことは言わない、忘れている。記者から質問あって、あ、っと認める。無知。とってつけたように言う。解除しますって。これまでの風評被害の責任については、言及無しだし。

累積の放射線量を計算して・・・・。なにを今更。地形みれば一目瞭然。それをこれまで指摘してこなかった、解説もしてこなかった気象屋さん達はなんなんだい。チャラチャラ明日の天気なんて言ってればいいのかい。気象庁だって、気象学者だって同じ。

一ヶ月以内に。じゃ、どこへどうして行けばいいんだよ。人間だけじゃない。家畜もいるんだよ。大事な牛だっているんだよ。こころのよりどころなんだよ。せめて避難先は方法まで十分話し合って決めてから言えよ。

住民から非難される自治体。だって無理だよ、答えられないよ。一方的なお国の指示。

場所も現場も、状況も何も知らないで、数字を根拠に民族大移動を命ずる政府。いや、菅政権。

これはね、こうやっておかないと国際的な非難を浴びるから。自国民よりも海外の評価を気にした判断じゃないかと。責任逃れ。政府の力及ばずなのになんでも東電に責任転嫁。保安院も安全委員会も。

そしてレベル7に引き上げってって唐突な発表。ま、抜いてた新聞も有ったけど。これだってチェルノブイリと同じ現象が起こるってことじゃ無い。現状の放射性物質の数値の合計。いわば後からやっても足りる評価の話。

海外を気にしての発表。いきなり言われて国民はチェルノブイリの映像思い浮かべ、あんな光景になると恐れおののく。

正確な情報開示といたずらに不安感を煽ることとは違う。今、菅政権がやっているのはいたずらに不安煽ることだけ。

もう誰も信用してないけど、毎日、記者団の前に顔を出してきちんと説明する、明日のやることを示す。ゴメンナサイと謝る。そんな事ぐらい出来るでしょ。やってみたら。菅さん。

福島県選出の国会議員。玄葉くんが枝野に苦言をていしたらしいけど、その他は何を考えてるの。何をしてるの。さっぱり聞こえて来ない。聞いてないのが、知らないのが亭主だけならいいんだけど。

「最大」不幸社会の実現に向けて、思いつきの、あとから指弾されないようにとの保身だけが働いた指示、指示。物言わぬ人達を狙った棄民政策が進行している・・・。

お答え下さい。「健康被害」ってよく言うけど。どういう病気なの、どういう被害なの。漠然とした言い方の健康被害。どの数字になったら、どんな被害になるの。

「健康被害」の前にすでに「精神被害」を蒙っている。疾患になっている。こころ病の方が怖い。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
塩野七生さんの「日本人へーリーダー篇」の緒言”人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと思う現実しか見ていない。ユリウス・カイサル”続けて”危機の時代は、指導者が頻繁に変わる。首をすげ代えれば、危機を打開できるかと。だがこれは、夢であって現実ではない”自著「継続は力なり」より。
管を降ろして誰が救世主になれるの?自衛隊員、消防隊員、警察官、米国軍?蝸牛角上の争いに現を抜かす政権・野党の小人達。塩野おばさん日本を助けてください!!!

亭主 さんのコメント...

tacoさま
なぜか真の知識人や宗教家は沈黙しているように見える。玄脩宗久の言うこともいまいち意味不明だし。
塩野のおばちゃん、今度の国難を見てのリーダ論語って、書いてくれないかな。

「歴史に親しむ日常の中で私が学んだ最大の事は、いかなる民族も自らの資質に合わないことを無理してやって成功できた例はない。ということであった。

おばちゃんはこう言ってるのだし・・・。