2011年8月12日金曜日

義援金はどこへ”消えた”

最近メディアが全く取り上げなく無くなったニュース。震災後集められた義援金。その行方。普通の感覚の人は皆いぶかしく思っている。

孫正義の100億円は大きく取り上げられ、彼はそれに見合うくらいの有形無形の“メリット”は受けただろうが。

未だももって被災地をはじめ全国いたるところでのイベント会場には募金箱が置かれています。
チャリティーイベントも数多く開かれています。
そこで集められた「善意」はどうしたのか。メディアは関心が無いご様子。
無名の善意は必要としている人のところには届かない。政治家も無関心の様子。

やはりこの国のシステムはおかしい。なんだかんだの屁理屈こねて手をこまねいている。配る人の手が足りない。自治体は手が回らない。名簿が作れない。

人手が足りないなら、まともなボランティアに依頼して仮設や避難所に配って貰えばいいじゃやないか。半壊している家に住んでいる人たちのところ回ってもらえいいじゃないか。

なになに。民間は信用出来ないから任せられない。そんな法律が無いって。いいじゃないですか。超法規措置やれば。だいたいですね、国会議員さんたちが、すでにして職務放棄のような憲法違反しているんだから。

カネはね、使うべき時に使ってはじめて意義のあるもの。日赤に眠らせておいてなんの意義ありや。

善意は行使されないと萎縮して身を隠す。

だいたいですね、あの鳴り物入りで作られた「配分委員会」って何をやっているの。あのエヘラエヘラした元特捜検事さんよ。なんとか財団の理事長さんよ。

復興構想会議にしてもこの配分委員会にしても、この政権は常に人選を間違えている。

義援金は個人にわたすものとされている。法律では。配れないなら自治体の復興資金に回すよう「違法行為」をしてもいいじゃないの。善意の違法行為はあり。現に放射性廃棄物を研究のために持ち運ぶ学者がいる。みずから違法と認めている。それを咎める人は誰もいない。

西田敏行がおかしな格好でおかしな歌を歌っている。♪復興宝クジ~♪って。このたからクジの売上金だっていつになったら被災地に届くのか。

ボランティアに行きたいけれど無理だから生活費を切り詰めて義援金にします。そんな高齢者も沢山いる。酷暑の中汗を流すボランティアの水代や食事代に、交通費にしたっていいじゃないか。
いまだ不明者の遺体を探す機動隊員への差し入れに使ってもいいじゃないか。それに文句をいう人はほとんどいないはず。

2513億の義援金が集まり、3割だけは配分された。1700億円ほどが眠っている。ちょっと前の数字。

電気代が払えないから仮設にすら行かないという人もいる。

税金のバラマキを党是とした民主党政権。税金じゃないよ、民間の善意のカネだよ。バラ撒きなさいよ。

善意が生かされない国なんて先進国でもなんでもない。無策の国だ。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ご亭主様
暑いですね。
まったくそのとおりと思います。
私は、当初義捐金をと、少ないこずかいを分けて
いたのですが、
実はやめました。今もやめています。
どう考えても、そのお金が瞬時に届くと思えなか
ったからです。
だめですかねー。本当に必要な方へ行くような気
がしなくって。
優先順位は義捐金より政府の行動だと考えますが。
偽円金にならないように。
      aripro

亭主 さんのコメント...

ariproさま
暑いです。暑いです。墓参の方々も大変でしょう。我が家の墓参は弟が代行してくれました。なにせ東京に墓があるので。
亭主も義捐金代わりに復興宝くじを買いました。2千円。結果二千円当たりました。売り上げの一部は復興資金に充てられるとか。
被災地で活発化している復興ファンド。こうした民間の知恵の方が「お金」を有意義に動かしていると感じます。
何年先になるかわからないけど、たとえば三陸の牡蠣ファンド。おいしい牡蠣が届くのを夢見る。ダメでももともと。
こういう方が意味もあるし波及効果もあることかと。

TACO さんのコメント...

復興宝くじ買いました。全額2千円売上げに寄与。
サマージャンボは300円当選。
日赤に振り込んだ義援金は何処へ?
Where have flowers gone?
チャリティーであの箱に入れたお金は今頃は・・・?
女川町の「高政」の笹かまを買うのが一番確かのようだ。
贈った人達からも喜ばれるし。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
同じく。サマージャンボ300円。復興くじなんと当たり2,000円。
そうですよ。笹カマよし、牡蠣もよし。結果を求めるつもりはないけれど「行方不明」みたいなものよりいいかもね。
やはりこの国はどっかで”貧困”???

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...