2011年8月19日金曜日

鋭い子供の”目”

回文という、いわば言葉遊びのようなものがあります。「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」みたいなやつ。
亭主の弟の孫。姪の息子。幼稚園児。その子が回文を作ったとか。おじいちゃんは「天才」だと大喜びのご様子。

「ほあんいんぜんいんあほ」。保安院全員阿保。参りました。子供の目、子供の表現力。誰に聞いたわけでもないのに見抜いているとは。
亭主がうろ覚えの回文。
「長(なか)き夜のとをの眠(ねぶ)りの皆目覚め浪(なみ)乗り船の音のよき哉」
ちゃんとした歌になっている。これ、蛇足。

園児も見抜いたアホの保安院。更迭云々というイカサマ。トップはなんと7,500万円の退職金いただき。ほとぼりさめて天下り。寺西さんよ、己に恥じるとこないのかな。ないんだろうね。

三人組。得意げに更迭語る海江田、菅。エリート官僚たるもの、いささかの武士の意地みたいなものないのだろうか。

「なんにしても我々には責任が存在します。せめて、退職金は返上させていただきます」。なんで、こんな簡単なこと言えないのだろう。退職金の小切手もって帰ってかみさんに「あっぱれ!!」とでも言われたいのか。

武士の女房なら言う。「だんなさま、お返ししてきなさい。あなたさまには、今、受け取る資格はございません」と。賢婦人なら言う。山内一豊の妻なら言う。

あさましいかな、あさましかな。

やはり公務員制度は抜本的に改革しなくちゃダメなんだ。増税言う前にやることありは正論なり。

それはさておき。福島の子供たちが議員会館に“陳情”。経産省など関係の役人前に訴える。本の生活に戻して。表で遊びたい。プールに行きたい。あげく、わたしはいくつまで生きられるんですか・・・。

官僚たちの答え。「怪文」の棒読み。子供の問いに答えてない怪答。遅々として何も進まず。議員会館の別室では政局楽しむ悪巧み連中の本音トーク。


「子供手当は無くしません」。出回っている“怪文”巡りまたもや「大人のケンカ」。「子供のケンカ」のほうがまだましかも。

本能的に自らの身の不安を感じるのか。こども達の耳目は冴え渡っています。そして鋭い。大人の嘘を見逃さない。

メディアには怪聞、醜聞が流れ。政治家はそれに踊らされ。


2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
「子供手当」vs 「児童手当」を巡ってウソツキだなんて子供のケンカにもならない。蝸牛角上の政争に戯れていていいのかな。
「日本中枢の崩壊」を読んで政治音痴の僕でも何故公務員制度改革が必要かはっきりと理解できました。でも誰も出来ない。現場の言葉は何時も正鵠を射る。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
政争にもならないくだらん権力争い。心底嫌になりました。どの顔見たってロクなものおらず。清掃したいけど。
古賀とか岸とか高橋とか。外れた官僚の「正論」は面白い。たしかに納得できる点多々あり。昔はそれでもまだまともな奴らいたんだけどね。
「現場」はリーダー論のキーワード。

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...