2011年8月27日土曜日

帰れるのか帰れないのか

郡山のビッグパレットに避難してきている、いた、富岡町の人達。臨時の町役場はビッグパレット内。川内村と並んだプレハブ。

役場の職員に今年4月に採用されて若者もいます。富岡の仮設は何百戸単位で郡山市内や隣の大玉村に分散して建てられており。役場も今年中には郡山市内に仮庁舎を建設だとか。

若い職員さんたち。御苦労な日々。その数名と「慰労会」に参加させてもらいました。いろんな話が聞けました。いろんな話を聞きたがっていました。

亭主が気になっていたことの一つ。郡山に避難してきてよかったと思っているかどうか。「良くしてもらいました。本心から郡山でよかったと思っています」と。いまだ着の身着のままの人もいました。

酔うほどに本音。政治への不信。政権への不信。リーダー格の人に聞かれました。「もし、総理大臣が田中角栄だったらどうしたでしょうかね」。

強い国のリーダーシップを期待してるのか。田中政治は知らないであろう世代なのに。

いつ帰れるのか。彼らも全く見通しは持っていません。持てない。仕方ないことです。

「ふるさと」という言葉が出ました。「景色としての故郷の思い出や懐かしさはあるだろうが、あなた方は、今、自分達が立っているところで両足を踏ん張り、そこをふるさとだと思って仕事しないと」。有る意味“無責任”とも思える亭主の言葉に目を潤ませながら聞き入ってくれ、固い握手を交わしました。

「お客様からのクレーム対応で一日が終わります」。お客様。つまり町民。役場の人達の苦労が少しはわかりました。

「自分達だけで固まっていたのではダメだと思うんです。外にも目を向けないと」。住民はもとより役場の人間だって人生設計が描けない。

きのう原発3キロ圏内の一時帰宅がありました。平均4マイクロシーベルトだったとか。滞在時間2時間。みんな気にする位牌や先祖、家族の写真。火事場泥棒にやられて惨憺たる有様になっている住居。170人の人には170の「短い物語」が出来、やがて「長い物語」となって紡がれていく・・・。

「やはり帰りたい」そういう人もいれば「現状をこの目で見て、もう帰ってこられないと確信した」という人まで。

丹精込めて手入れをしていた庭の花に、まだ枯れずにいた花に持って来たペットボトルの水をあげて来たとか。生きていたペットに大量の餌をあげてくることしかできなかったと涙で語る人とか。

帰らるのか帰れないのか。

自分達の意思とは全く無関係に「政策」としてしか結論らしきものがだされないであろう人生の分岐点。道しるべの無い人生行路。

あらためて感じさせられる故郷への思い。感情。

秋風の気配が強くなってきました。さまよえる避難民。それぞれがそれぞれの思いを抱きながら過ごすきょう一日・・・。

どうしても「うつろ」にしか見えない民主党代表選。

4 件のコメント:

ライオスキー さんのコメント...

マックス・ヴェーバー曰く、政治家の素質とは:
1.未来を構想しながら、現実を変革していこうとする情熱
2.現状をいまそこにあるままに、しかも一定の距離感覚をもって理解できる洞察力
3.政治がときには暴力を手段として選ばざるを得ないことを踏まえた結果責任への自覚
(引用:wikipediaより)

誰一人として、当てはまる人間がいない(苦笑)

民主・自民云々ではない、震災から半年が経とうとしている今、何も進んでいない
コレが現実

いや、進ませようとしていない、進ませることができない

なぜだろう?

結局、今の政治家は自らの信念・思考・世界を持つ人間がいないのではないだろうか
だからこそ、別グループの非難しかできない、何も考えていない、いや現状を把握・理解していない

一人の人間として、彼らがソコに存在することに何か意味があるのだろうか
官僚によって、国内の決定権限が左右されるこのシステムを見直す時期が来ているのではないだろうか
根本的な何かを見直す必要があるのではないだろうか

カレラは、誰の金で暮らしているのか?
官僚「様」、ではない!逆だよ逆、国民様でしょ!
変な世の中だ、選挙に当選した途端に、周りが「○○先生」と騒ぎ出す
メディアもそこに乗っかる、周りも囃し立てる

いやいや、普通の人だよ、しかも我々国民の血税で生きながらえているんだから

亭主 さんのコメント...

ライオスキーさま
まさに。
政治家ではなく政治屋さん達ですから。同じ職業同士で「センセイ」と呼び合う業種。政治家。医者。弁護士・・・。学校の先生。
似てるのかな、似て非なるとこありかな。
税金を彼らに払っていると思いたくない。税金が可哀そう。

江戸の風にのって さんのコメント...

ご無沙汰しておりました。
久しぶりのからから亭…。
遠く(?)江戸から我が故郷福島をあんじております。
先日近所のSEIYUへ。震災募金たる¥100プレートがあり、思わずカゴへ。それを見ていた女子中学生がそれに気づき、『私達いっぱい募金活動し、もういいよね』と…。
『私ね、福島なの。震災はまだ終わっていないんだよ』と江戸初心者のオバサンが説教を(笑)
びっくりした顔していましたが募金頂きました。半ば恐喝めいてしまいましたが…心より『有難う』です。

亭主 さんのコメント...

江戸風さま
やばいよ。福島のおばさん、と言っても38歳が東京の中学生に募金強要なんて新聞に出るよ(笑)。
安達太良の風が呼んでいるよ。提灯が待ってるよ。
♪帰ってこいよ~~、帰って来いよ~~♪
東京なんかにゃ何も無い。門倉由紀が歌ってたよ。

いくつかの大地震のこと

大相撲の初場所が始まっている。 貴の岩への暴行事件をめぐり醜態をさらした相撲協会、しかも立行司の不祥事。なにがあっても連日の大入り満員だ。 何があろうと「声なき声」は国技館に行き土俵に目を凝らし歓声をあげる。 天皇ご夫妻は恒例の観覧を取りやめられた。 相撲中継時にたま...