2011年10月15日土曜日

「臭いものには蓋をしろ」

原発1~3号機が今も放出している放射性物質は毎時2億ベクレルだという。事故直後の800兆ベクレルに比べて約400万分に一だというが。

2億ベクレルという数値の意味するところはわからない。たとえ400万分の1に下がっているといっても放射性物質が放出されているという事実はかわりない。

きのうの郡山の空間放射能の平均値。0,81マイクロシーベルト。この数字の中に、今も放出されている物質の影響はあるのかないのか。もちろん郡山市以外でも同じ。土壌、地表汚染によるものなのかどうか。依然、わからないことだらけ。

原発1号機の原子炉建屋にカバー設置工事が完了。無残な姿をさらしていた1号機がクリーム色のカバーに覆われた。予定よりは遅れての完成。フィルター付きの換気装置があり、放射性物質の濃度を10分の1に低減できるという。
3、4号機はなんと来年の夏以降の工事開始だとか。

臭いものはもとから断たねばダメ。臭いものには蓋をしろ。思わず浮かぶ諺。もっとも臭いものには蓋をしろって諺の本来の意味は、失敗や悪事、人に知られたくない事柄を一時しのぎの手段で隠そうとすることのたとえ。なんか相通ずる意味合いもありかと。

昔あったトイレ洗剤のCMのフレーズ。「臭いにおいは元から断たねばダメ」。こっちの方がぴったりくるかな。でも、元はなかなか断てない原発。

元を断たねばと言っても冷温停止になっても断ったことにはならない。気のとおくなるような時日。

いわゆる風評被害も、デマも、過敏症も、元を断たない限り終わらないかも。

閣僚や政治家の資産公開。東電の株持っている人続々。だから「臭い」とは言いませんが。
長淵剛の被災地激励の歌ではないけれど、♪朝起きたら、国会議事堂に行こう、永田町に行こう、しょんべんひっかけて、口笛吹いてお家に帰ろう♪。

ささやかな「プロテストソング」。少なくとも彼は被災地の、原発避難民の子供たちを励まし、勇気づけた。自衛隊員も。

励ます力を持っている奴らを羨ましくも思う。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

御意!励ます力を持っている人たちが羨ましい。「義を見てせざるは勇無きなり」と孔子様は教えている。「雨ニモマケズ」で言う「ソウイフモノニ ワタシハ ナリタイ」とも思う。切歯扼腕しても何も為さずいる自分が悲しい。
今朝の朝日の新聞週間特集、被災地総局長3人の談。総力を挙げて取材した朝日は何をどのように伝え、何が不足していたのか。そこには自画自賛はあっても被災者・被害者を励ます論調は見えず。もちろん現場の取材記者は被災者・被害者の気持ちや状況を確実に伝えようと懸命であった事実は否定しない。それが報道の真の使命であるならば。
されど結果としては今日も蔓延する風評被害、過剰と思われる不安感の増長を招いた。それは政府や東電、学者、専門家達だけの責任ではないと思っている。
新聞人に問いたい。”Who are You?”

亭主 さんのコメント...

tacoさま
早速の賛同コメントありがとう。
「サウイウモノニ ワタシハ なれない」。そう思ってしまう自分。
せめてとの思いで、昨夜「富岡町役場」の職員を“慰労”してきた。彼らには彼らの悩みがあり。
新聞の反省文、ゆっくり読みます。

♪ケ・サラ ケ・サラ♪が響いていた頃

3年前の夏、国会議事堂や首相官邸の前では反原発・安倍内閣退陣を求めた 人たちの群れで溢れていた。連日のような行動。 その中で一際目を引いたのは自由の森学園の生徒たちが歌う♪ケ・セラ♪の大合唱だった。 学生の中に大人も交じりケ・セラ、ケ・セラと歌い続けていた。 ♪押さえ...